search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 4年連続紅白司会のウッチャンが「キャラ変」したきっかけは、あの番組?

4年連続紅白司会のウッチャンが「キャラ変」したきっかけは、あの番組?

pic pic

内村光良

 年末の『NHK紅白歌合戦』の総合司会に、ウッチャンナンチャンの内村光良が内定した。これで4年連続となる。ウッチャンと言えば、柔和なイメージで誰からも愛されるキャラといった印象がある。国民的番組と言える紅白司会にもふさわしいポジションだろう。ただ、かつては真逆の人物として知られていた。

 「とにかくシャイな性格なので、人と打ち解けるのに時間がかかっていたようですね。そのため、周囲からとっつきにくいイメージも持たれていたのだとか。お笑い芸人と言えば、後輩芸人を引き連れて飲み歩くといったイメージもありますが、ウッチャンの場合、そうしたことはなく、番組や芸人同士の飲み会にも顔を出さないタイプだったようです」(芸能ライター)

 ​>>今年の紅白の目玉は“嵐シフト”? 司会と大トリはほぼ内定、特別企画もありか<<​​​

 そんなウッチャンを変えるきっかけとなったのが、2000年から2005年まで放送された『内P』こと『内村プロデュース』(テレビ朝日系)だった。
 「この番組には多くの中堅、若手芸人が出演しており、有吉弘行がいた猿岩石や、TKOなどが出演していました。途中からサブMC的なポジションとして、さまぁ〜ずの三村マサカズが加わり、彼が若手芸人とウッチャンを繋いで行ったようです。この番組でウッチャンは若手芸人と飲み、プライベートでも交流を持つようになり、現在のキャラへシフトチェンジしていったと言われます。学生時代から長らく親交のある出川哲朗も、この番組で『チェン(出川が呼ぶ内村のあだ名)』が変わったと見ているようですね。番組からは2003年に内村、三村、出川ら6人で結成された音楽グループ『NO PLAN』がデビューしたほか、2006年には芸人らを多数出演させた映画『ピーナッツ』も内村が監督しています」(前出・同)

 現在のウッチャンは、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を見てもわかる通り、芸人のほか若手のタレントにも広く目をかけている。『内P』で人間的に大きく変わったウッチャンは、優しき兄貴分として安定のポジションにいると言える。今年の「紅白」でも安定の貫禄を見せてもらいたいものだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ