search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 田中圭…伊勢谷友介逮捕の陰に隠れた“泥酔保護事件”の赤っ恥!

田中圭…伊勢谷友介逮捕の陰に隠れた“泥酔保護事件”の赤っ恥!

pic pic

提供:週刊実話

 ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)のスタート直前、NHKニュースで泥酔保護事件が報じられた主演の田中圭。同ドラマは予定通り9月11日から放送されているが、共演者やスタッフは田中の酒癖と女性スキャンダルに怯えているという。 「8月3日の朝、自宅に向かうタクシー内で泥酔したまま警察に保護されていたことが、9月4日のNHKニュースで明らかになりました。その後、伊勢谷友介が大麻で逮捕されて、泥酔保護事件は騒がれませんでしたが、田中の酒癖は治りません。妻子持ちなのに合コン、キャバクラが大好き。放送中にスキャンダルを起こすのではないかと、ドラマスタッフは冷や汗ものですよ」(芸能関係者)

 田中は2000年に役者デビュー。その後、ドラマや映画にコンスタントに出演し、男性同士の恋愛模様を描いた人気ドラマシリーズ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の主演で遅咲きのブレークを果たした。 「田中は11年に女優のさくらと結婚し、2児の父親なのですが、大の酒好き。休日のときは娘と妻を連れて約4時間の昼酒。酒だけではありません。女性にもだらしなく、結婚してからもキャバクラ遊びがやまず、関西ではキャバ嬢をお持ち帰りしたという夜の情報もある。5年前にはグラビアアイドルとセクハラ泥酔合コンが報じられ、16年には走行中の2トントラックに接触、頭部などに軽傷を負っています。舞台の仕事を終えた後、深酒して帰宅途中でした」(スポーツ紙記者)

 田中は18年に公開された映画『スマホを落としただけなのに』で共演した北川景子から、「酒が入るとハイテンションになる」とダメ出しを食らっている。 「それでも酒はやめられなかったようで、現在放送されているドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の収録中、二日酔いで顔がむくんだまま現場入り。主演の石原さとみに叱責されたほどです。田中の場合、酒が入ると歯止めが利かないのです。酒乱でないのがせめてもの救い」(前出の芸能関係者)

 禁酒の処方箋が必要のようだ。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ