search
とじる
トップ > 芸能ニュース > SMAP楽曲が豪華だったワケ 定番夏ソングの作詞はあの売れっ子脚本家!

SMAP楽曲が豪華だったワケ 定番夏ソングの作詞はあの売れっ子脚本家!

pic pic

画像はイメージです

 7月18日に放送された『音楽の日』(TBS系)で、『BANG! BANG! バカンス!』を歌うSMAPの過去の出演映像がフルバージョンで流され、MCの中居正広がBANG!ポーズを示し、ファンを沸かせた。

 この曲は、2016年末に解散したSMAPを代表する夏ソングの一つと言える。2005年リリース、SMAP37枚目のシングルで、勢いのあるファンキーな楽曲だ。
 作詞を務めたのは、当時『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』(ともにTBS系)で、新進気鋭の脚本家として注目を集めていた、クドカンこと宮藤官九郎だった。

 ​>>着実に近づいた『新しい地図』と中居正広の共演、年末に期待がかかる?<<​​​

 SMAPはジャニーズ事務所のタレントでありながら、レコード会社はKinKi KidsやNEWSが所属する、ジャニーズ・エンタテイメント(現・ジェイ・ストーム)ではなく、一貫してビクターエンターテインメント所属。そのため、SMAPの楽曲にはビクター系のミュージシャンが多く関わっている。

 『BANG! BANG! バカンス!』と並ぶ、1996年の夏ソング、22枚目のシングル『青いイナズマ』の作曲を手がけた林田健司は、ビクターからデビューしていたミュージシャンだった。この曲は、オートレーサーに転向した森且行氏がグループを卒業した後、初めてのシングルであり、キムタクこと木村拓哉に、稲垣吾郎が加わったツイーンヴォーカル体制となった。

 このほか、1998年の27枚目シングル、不朽の名曲『夜空ノムコウ』の作詞を手がけたスガシカオもビクターつながりだ。この曲はスガはもちろん、作曲を担当した川村結花のほか、小田和正、桑田佳祐など多くのミュージシャンにカバーされた。

 SMAPの楽曲は、最高のスタッフが、最高の詩と、最高の曲を提供し、それをSMAP自身がさらに高めて行くパフォーマンスに仕上げていたと言えるだろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ