search
とじる
トップ > 芸能ニュース > イギリス王室を離脱のメーガン妃、B級女優でなく「CとかDとかもっと下」『バイキング』のバッシング大会に不快感

イギリス王室を離脱のメーガン妃、B級女優でなく「CとかDとかもっと下」『バイキング』のバッシング大会に不快感

pic pic

デーブ・スペクター

 今年3月31日を以ってイギリス王室を離脱し、世界に衝撃を与えたヘンリー王子と元女優で妻のメーガン王妃。この王室離脱は、メーガン妃の主導によって行われたと憶測が飛び交う中、3日の『バイキング』(フジテレビ系)でも、イギリス王室ジャーナリスト・多賀幹子氏、またデーブ・スペクターを交えて徹底解説された。

 「番組では、メーガン妃が現地で『かつてはB級女優』と揶揄されていると紹介していたのですが、多賀氏は内情を知っているのか、『実際はCとかDとか、もっと下の方ですけど』と、彼女の女優としてのキャリアについて毒舌。これには坂上忍も苦笑いしながら、『多賀さんはメーガン妃が憎いでしょ?』と追及すると、多賀氏は『それよりも英王室が好きというか』と答えていました」(芸能ライター)
 
 そんな坂上も、メーガン妃と、ヘンリー王子の兄嫁であるキャサリン妃と比較して、『キャサリン妃の方がキレイだけど……』と正直コメント。さらに彼は、メーガン妃が女優として復帰するという情報について、「この状態で映画に出たって色つきすぎちゃってる」と持論。

 8月には、夫婦の自叙伝『ファインディング・フリーダム』(自由を探して)が発売されるというが、デーブは「まだ、『ファイディング・ニモ』の方が中身がある」とジョークを飛ばすありさま。また、発売の狙いとして、メーガン妃が、ホワイトハウスを去ったあと様々なプロデュース業をしているオバマ大統領夫妻をモデルにしているという話に、「なんと、まあ、ずうずうしいねぇ」「身の程を知れ」と苦言を呈していた。

 スタジオでは終始、和やかに笑いも交えながら語られていたが、SNS上では拒否反応が多数寄せられた。「メーガンさんに恨みでもあんの?ただの悪口大会じゃん」「メーガン妃の悪口じゃねーかと胸糞悪い。笑いながらみんなで何言ってんだよ」「偏った報道でしんどい」とクレームが。

 さらに今回、出演した多賀氏の毒舌には「多賀さんの ぶれないメーガン妃嫌いが 大好き」という声もあった一方、「吐き気がします。メーガン妃イジメを楽しんでいる、差別主義者です。イジメは犯罪、言葉の暴力です」と強い憤りを覚える者や、「どんだけメーガン妃嫌いなんだ多賀さん。すんごい姑みたい」「マジで不快すぎでは?私情含んでるだろ」と不満爆発。いずれにしても、海の向こうのロイヤルファミリーについては、好き放題、言えるということだろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ