search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 加藤茶「大好きな志村よ」高木ブー「志村は死なない」 追悼特番、ドリフの深い言葉に感動の声

加藤茶「大好きな志村よ」高木ブー「志村は死なない」 追悼特番、ドリフの深い言葉に感動の声

pic pic

志村けんさん

 1日に放送された『志村けんさん追悼特番 46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)。そこでは、志村さんの遺した数々の爆笑コント映像はもちろん、加藤茶による弔辞など様々な名場面があったが、最後に「持って行った」のは他でもない、高木ブーだった。
 
 「この日は、司会の三宅正治アナ、西山喜久恵アナに加え、加藤、仲本工事、そして高木というザ・ドリフターズのメンバー、さらには研ナオコ、いしのようこといった、“志村コント”でおなじみの面々が集合。加藤は冒頭、志村さんの死去に『あまりにも早かった。多分本人も分かってない、死んだことを』と言及。また、高木が話すと、『久しぶりに声聞いたな!』とツッコミを入れるなど終始、スタジオを回していました」(芸能ライター)
 
 ちなみに、この4月1日と言うのは、46年前の1974年、くしくも志村さんが荒井注さんと入れ替わる形でドリフに正式に加入した日だと明かされていたが、その軌跡を辿るように、『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』から選ばれた珠玉のコントがオンエア。目立ちたがり屋の大部屋俳優を演じる加藤茶との掛け合いが楽しい「階段落ち」や、研ナオコが独特のイントネーションで話す「生卵」「赤マムシ」という言葉は、いずれもトレンド入りするほど話題沸騰。
 
 「そして、加藤が最後に読んだ弔辞も愛情あふれる名文でした。志村さんの死去後に発表されたコメントは『ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎い』という秀逸なものだっただけに今回も注目されましたが、『5人が全員そっちで全員集合したらそっちのお客さんを大爆笑させようぜ。約束だぞ。じゃあ、それまでゆっくり休んでくれ。大好きな志村よ』と、別れを告げていました」(同)

 だがエンディング、それまでほとんど喋らなかった高木が、「俺、もう決めたの。決めました」と切り出し、「志村は死なない。ずっと生きてる」と語り、番組は終了した。まさかの一言に、SNSは「最後の高木ブーさんの言葉で泣いた」「胸の奥に突き刺さって 涙が止まらなかった」「最後は高木ブーが全部持って行った。 ドリフ最高」など反響が殺到している。やはりドリフは日本の宝、最高のグループであることは間違いないだろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ