search
とじる
トップ > スポーツ > ​張本勲氏、新型コロナ対策で日本の団結力をアピールも「へー」 関口宏の反応に批判の声

​張本勲氏、新型コロナ対策で日本の団結力をアピールも「へー」 関口宏の反応に批判の声

pic pic

張本勲氏

 8日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が新型コロナウイルス感染拡大防止について、国民に団結を呼び掛け。それを聞いた関口宏の反応が物議を醸した。

 張本氏は新型コロナウイルス感染防止のため、大相撲春場所が無観客で開催されることについて、「国難、一大事。大相撲とプロ野球はやめたほうがいい」と持論を展開。ただし、選抜高校野球大会について、「これは難しい」と話す。

 そして、「もって生まれた定めがあるじゃないですか。戦時中もできなかったんだから。これはもう、大変な病気を早く抑えなくちゃいけないから。国全体で協力していかないと」と、新型コロナウイルスを抑え込むためには、日本国民全体で協力して行くことが重要と説く。

 さらに、「あの、アジアではね、日本国民は粘土と言うんですよ。ほかの国はいわゆる砂。1つ1つはあの立派だけど、固まったら日本の場合は離れないじゃないですか。そういう団結力があるから、それをやってもらいたい」と日本国民の団結力をアピールし、「1つになる」よう呼び掛ける。
 これを聞いた関口宏は「そんな事言うんですか。へー。日本は粘土だったんだ」と少々呆小馬鹿にしているようにも見える反応を見せた。

 炎上も多い張本氏だが、団結と協力を呼びかけたことについては、「納得した」「この発言はあっぱれ」「その通りだと思う」と賛同の声が多く上がる。ただし、選抜高校野球大会だけを開催可としたことについては、「矛盾している」との批判も。
 そして、団結を呼びかけ、日本国民を称賛する発言に「へー」と話した関口については、「この人は日本が称賛されると嫌な顔をする」「張本氏が良いことを言っているのにその反応はない」など批判の声が。一方で、「わけがわからなかったのでは」「意味が理解できなかったのかも」という声も出た。

 新型コロナウイルスの影響は、スポーツはもちろん、日本経済にも大きな悪影響を与えている。そんな中で、「粘り強く団結」を呼びかけた張本氏には、普段批判的な層からも称賛や納得の声が多かった。

 そして、それを聞いた関口の反応に違和感を覚える人も多数だった。

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ