search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『ロンハー』でも後輩へのパワハラ現場を放送? TKO木下が松竹を退所、コンビは継続

『ロンハー』でも後輩へのパワハラ現場を放送? TKO木下が松竹を退所、コンビは継続

pic pic

TKO・木下隆行

 TKOの木下隆行が5日、今月15日をもって所属していた松竹芸能を退所することを発表。相方の木本武宏は事務所に残ることになり、コンビも継続していくという。

 今回、木下が退所になったのは、後輩芸人への暴行があったためとされる。複数の週刊誌によると、ある後輩芸人のイジりに怒りを覚えた木下が、顔面めがけてペットボトルを投げつけたとのこと。昨年9月にその様子が報じられたことで、謹慎状態となっていた。

 「その後輩芸人は、自身のSNSにてマスクと眼帯姿の顔をアップしていました。関連性があるのかは分かりませんが、報道後、『このことだったんですね』と改めてコメントする人もいたほどです。ファンからすれば、点と点が線で繋がったといったところでしょう」(芸能ライター)

 では、なぜ、木下が後輩芸人に暴行したのか? それは、よゐこの濱口優と南明奈夫妻の結婚パーティーの幹事となった木下が、売れていない後輩からも金を取ったことから始まる。その状況に異を唱えた濱口が、代わりに全額パーティーの金を支払いその場は収まった。しかし、徴収した金は後輩に返ってくることはなかったという。そこで、後輩芸人がステージ上で、「ちょろまかしました?」と追及したところ、楽屋で激怒したそうなのだ。

 「木下は昔からいい噂を聞きませんでした。後輩を電話で怒鳴りつけたり、ナンパをさせたりするのはもちろん、自身が可愛がっていると思っていた安田大サーカス・安田団長からは『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)にて、『引っ越しの手伝いを1人でさせられた』、『トイレの大きい方をする時、扉を開けたまま直で喋っていた』などと暴露される始末。当時、ネットでは『パワハラなのでは?』と騒がれていましたね」(同上)

 今回の一件で苦境に立たされることになった木下。もちろん、それまでにもボランティア活動に精を出すなど、社会に貢献する活動は行ってきた。好感度が地の底に落ちた今……どう挽回していくのか、大いに注目したい。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ