search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「本当にそういう目的?」小澤征悦がツッコミ ​“妻役”のドランク塚地、女性になるために本上まなみを凝視?

「本当にそういう目的?」小澤征悦がツッコミ ​“妻役”のドランク塚地、女性になるために本上まなみを凝視?

pic pic

福本莉子、小澤征悦、ドランクドラゴン・塚地武雅、本上まなみ

 1月27日、スペースFS汐留で東海テレビ・フジテレビ系ドラマ「パパがも一度恋をした」(2月1日スタート・毎週土曜23時40分~)の完成披露試写・制作発表が開催され、小澤征悦、塚地武雅、本上まなみ、福本莉子が登場。同作は、ある日、亡くなったママがおっさんの姿になって現れたことから始まるラブコメホームドラマで、原作は阿部潤の同名マンガ(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)だ。

 おっさんの姿になって生まれ変わった“おっさん多恵子”役を演じる塚地は「今までコントやYouTubeで女性の役をやってきましたが、今回は扮装もメイクもなし。そのままの姿で女性にならなければいけないので大変ですね(笑)。それから、女性のスタッフさんや本上さんの動き、それこそ一挙手一投足に注目して、女性らしい動きや仕草を盗もうとしています」と語ると、小澤がすかさず「本当にそういう目的で見てるんですか?(笑)」とツッコみ、会場の笑いを誘った。

 塚地と二人一役で多恵子役を演じる本上は「塚地さんのかわいさに負けないようにしなければいけないので、すごく苦労しています」と語り、「多恵子の“テヘペロ”ポーズを先に塚地さんが撮影して、その時に塚地さんがウインクをしちゃってたんですよ。でも、私、実はウインクができなくて…。必死でウインクの練習をして、大変だったんですよ」と明かした。

 そして、愛する妻・多恵子を亡くしたショックで3 年間引きこもりの夫・山下吾郎役を演じる小澤は、塚地との“ラブシーン”について聞かれると「(塚地を)抱きしめるシーンがあるんですけど、塚地さんね、こう見えて意外と筋肉質なんですよ(笑)」とコメント。これに対して、塚地は「撮影が始まるまでは、笑ってしまうんじゃないかと思っていたんですが、全然そんなことはなくて、恥ずかしがることなくイチャイチャできてます(笑)」と明かし、作中同様の仲良しっぷりを見せていた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ