search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「女子アナ・ウォッチング」第23回〜フジテレビ・高橋真麻アナ

「女子アナ・ウォッチング」第23回〜フジテレビ・高橋真麻アナ

 リアルライブ読者の皆さま、こんにちは。

 ただいま、ロンドン五輪開催中で日本も熱く燃えておりますが、“熱い夏”は五輪だけではありません。フジテレビでは夏の恒例イベントである「お台場合衆国」(7月14日〜9月2日)を開催中。その中心人物の1人といえば、なんといっても高橋真麻アナ(30)。というわけで、今回は真麻アナを取り上げます。

 真麻アナは81年10月9日生まれ、東京都出身。父親はいわずと知れた大物俳優の高橋英樹で、母親は元女優の小林亜紀子。真麻アナはその2人の間に生まれた、かわいい1人娘であります。

 女子アナを目指した真麻アナは、東京女子大学文理学部社会学科在学中に、フジテレビお台場アナウンススクール、TBSアナウンススクール、テレビ朝日アスクに通い、その結果、04年4月にフジに入社。今思えば、TBSやテレ朝より、フジの方が真麻アナに向いていたようですね。

 入社当社は報道もこなしていた真麻アナですが、だんだんとバラエティーへの出演が増えていきました。現在はレギュラーでお昼の情報番組「知りたがり!」(平日午後2時〜3時52分)に出演中。そのなかで、「テレビまぁさぐり」を担当しています。

 その他、不定期で「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜日午後7時57分〜8時54分)、単発番組の「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」を担当。「爆笑〜」では審査員で出演の父との共演も果たしています。

 真麻アナを語る上で欠かせない「お台場合衆国」ですが、昨年は「マーサの朝唄」のタイトルで、毎朝得意の唄を披露。今年は「真麻のひらうた」としてパワーアップ。平日午後3時45分〜4時まで、唄っていますので、興味がある方は覗いてみてください。

 女子アナ・ウォッチャーのK氏によると、「両親ともに役者で目立ちたがり屋の真麻アナ。なぜ、タレントじゃなくて、女子アナになったのか、今ではナゾですね。こういうキャラクターはフジでなければ生かせないと思いますので、彼女らしさを貫いてほしいですね」と語る。

 アナウンサーらしくないのが真麻アナの魅力でしょうか。今後もその個性を大切にして、頑張ってほしいものです。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ