search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ファンの思いがメンバーに届くかが注目のSMAP

ファンの思いがメンバーに届くかが注目のSMAP

 年内で解散するSMAPの存続を要望する署名約37万筆が11日、SMAPが所属するジャニーズ事務所側に提出され同事務所は署名を受理したことを各スポーツ紙が報じている。

 署名を提出したのは、SMAPのファン約70人が集まる「5☆SMILE(ファイブスマイル)」事務局。今年9月に署名を集めるために結成され、インターネットなどを通じて署名を呼び掛け、10月31日までに全国各地や海外から37万3515筆が集まった。この日、同事務局の代表者が東京・渋谷のジャニーズファミリークラブを訪れ、署名を提出したという。

 ジャニーズ側は署名を受理し、「皆さまの想いをSMAPのメンバーにも必ず届けますことを、ここにお約束します」などとする文書を手渡したというのだが…。

 「すでに、メンバー5人の意思は固く、5人の唯一の冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ)の収録も終了。5人が集う機会はなくなり、期待されている紅白への出場もほぼ絶望的となった。せめて、ファンに対してメッセージを発信する機会を設けるなど、感謝の気持ちを込めて大人らしい対応をしてほしいものだが」(芸能記者)

 SMAPファンのグループ存続への思いは強く、1月に勃発した分裂・解散騒動後、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の「トリプルミリオン(300万枚)を目指そう」と購買運動を展開。1月は累計発売枚数は258万枚だったが、集計期間今月5日〜8日付までのオリコンデイリーランキングで3万3000枚を売り上げ、累積売上数が300万枚の大台を突破してしまった。

 「今月、SMAPの最後のベストアルバムが発売されるが、おそらく、記録的な売り上げになるのでは。しかし、ジャニーズ事務所の台所が潤うだけで、グループの解散はどうにもならない」(同)

 今後もファンの運動は続きそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ