search
とじる
トップ > 芸能ニュース > KREVA、初舞台に「総合芸術」のお墨付きある! 音楽劇『最高はひとつじゃない』公開舞台稽古

KREVA、初舞台に「総合芸術」のお墨付きある! 音楽劇『最高はひとつじゃない』公開舞台稽古

 アーティストのKREVAが音楽監督を務め、役者としても出演する音楽劇『最高はひとつじゃない』のマスコミ向け公開舞台稽古が29日、東京・千代田区の劇場「日比谷シアタークリエ」で開催された。

 3つの物語がオムニバス形式で進行する同劇。元宝塚歌劇団宙組娘役トップで女優の陽月華、声優の宮野真守、期待の若手俳優・渡部豪太がそれぞれの物語を担い、KREVAはすべての物語に登場する。今作は、KREVAの初舞台。

 稽古に先立ち会見に応じたKREVAは、「ステージに立つメンバーで挑戦していない人はいません」「プロデューサーからは、総合芸術とお墨付きをもらっています」と作品の出来映えに自信をのぞかせた。

 また、陽月は「ヒップポップになじみがない方でもわかってもらえます」と同劇を紹介し、公演は、11月30日と12月1日に、日比谷シアタークリエにて。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ