search
とじる
トップ > 芸能ニュース > フジテレビVS至学館・谷岡学長のバトル 決定的な証拠を前にどうする?

フジテレビVS至学館・谷岡学長のバトル 決定的な証拠を前にどうする?

pic pic

画像はイメージです

 取材に来たフジテレビの番組スタッフにケガを負わされたとして、日本レスリング協会副会長で至学館大(愛知県)の谷岡郁子学長が、愛知県警に被害届を出していたことを、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、谷岡学長は8日、取材で名古屋市内の自宅マンションを訪れた同局の番組の男性ディレクターに、腕をつかまれたという。

 同日、谷岡学長は診断書とともに県警に被害届。ケガの程度や詳細について、大学側は「捜査中の案件のため、一切回答できない」。被害届を出された愛知県警は、「個別、具体的な案件についてはコメントできません」としているという。

 この件を受け、12日放送の情報番組「とくダネ!」が、取材を行ったのは同番組の男性ディレクターであることを公表。

 同番組によると、女子レスリング五輪4連覇の伊調馨選手へのパワハラが認定されたことについて、レスリング協会副会長として谷岡学長の見解を取材するため、6日に同大学の広報に連絡を取ったという。

 しかし、谷岡学長からの回答がなく、8日午前11時半ごろ、名古屋市内で直撃取材を行ったというのだ。

 番組では、谷岡学長を取材した際の一部始終、56秒間の映像を放送。映像を見る限り、男性ディレクターが谷岡学長に接近したのは2度。だが、腕をつかむ様子などは見られず。しかし、谷岡学長は、一緒にいた関係者2人に「110番」、「警察呼んで」と通報をうながし、走って建物の中へと入って行ってしまった。

 「谷岡学長といえば、パワハラを受けて会見した際、昼の情報番組『バイキング』の放送内容に対して苦言を呈していた。しかし、同番組はひるまずに、逆にMCの坂上忍は谷岡学長を挑発するような発言。おそらく、“フジ憎し”との思いを募らせてしまい、被害届まで出す騒動に発展したのだろう」(テレビ局関係者)

 とはいえ、決定的な“証拠”の取材映像があるだけに、事態は大騒動に至らずに収束しそうだが…。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ