search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 久々の“キムタクらしいキムタク”にファン歓喜 「そごう・西武」PR、中国客のウケはどう?

久々の“キムタクらしいキムタク”にファン歓喜 「そごう・西武」PR、中国客のウケはどう?

pic pic

イラスト

 元SMAPの木村拓哉が、大手百貨店「そごう・西武」の中国語圏の訪日客へのPRイメージキャラクターを務めることになったが、現在の中国での人気ぶりを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 同社では、中国語圏の訪日客に向けてのアピールが重要と考え、中国で絶大な人気を誇る木村をイメージキャラクターとして起用。PR動画「Are you ready?編」を制作し6月22日から公開。

 国内の「そごう・西武」15店舗の店頭モニターなどで放映されるほか、今月中旬からは、中国語圏の主要サイトやSNS、広州白雲国際空港、香港そごう(香港銅鑼彎)の大型ビジョンなどでも放映されるという。

 SMAPといえば、11年9月に中国・北京でコンサートを行い4万人を動員。同年デビュー20周年を迎えたSMAPにとって初の海外ライブとなった。

 公演前日、日本の国会議事堂にあたる人民大会堂でSMAPが行った記者会見の席上で、中国の高官が「中国国民感情の改善に期待する」と語るなど、日中友好の懸け橋として大きな役割を果たしていた。

 しかし、同誌によると、もはやSMAPは過去の存在。日本人でその動向が注目されているのは、歌手で女優の酒井法子、セクシー女優の蒼井そらぐらいなのだとか。

 中国最大の検索サイト「百度」の1日あたりの検索回数を調べると、木村の約4000回に対して、酒井は10万回。
 SNSでは、「そごう・西武」の動画について、「キムタクが我々を騙そうとしている。日本で無駄遣いさせる気だ!」など、不穏な声も寄せられているというのだ。

 「SMAPのコンサートの時は盛り上がったようだが、その後、人気が盛り上がっているという話は聞こえてこない。最近、中国では防弾少年団など韓流グループが人気。キムタクにそこまでの“集客効果”はなさそうだ」(テレビ局関係者)

 かつてのような“ブランド力”はもはやなさそうにも思えるが、今回の動画は国内でも中国ファンにも「やっぱりキムタクはキムタク」「髪が伸びて若返った」など、概ね好評のようである。キムタク効果がどの程度あるのか、注目していきたい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ