search
とじる
トップ > 社会 > JR西日本の駅員が痴漢を取り逃す

JR西日本の駅員が痴漢を取り逃す

 JR西日本・阪和線の三国ケ丘駅(大阪府堺市堺区)で、電車内で女子高校生(16)に痴漢行為をしたとして取り押さえられた男を、40代の男性駅員が警察に通報する間に、取り逃がしていたことが分かった。

 同社によると、5月21日の朝のラッシュ時に、関西空港・和歌山発京橋行きの快速電車内で、女子高校生が20代の学生風の男に下半身を押しつけられた。三国ケ丘駅到着時に「痴漢したでしょ」と問い詰め、近くにいた男性が男を取り押さえた。男は「許してください。やっていません」と土下座したという。

 女子高校生は「急ぐので」と言い残して立ち去り、男性が駅員室で駅員に引き渡したが、駅員が駅前の交番に通報に向かったすきに男は逃走した。室内には別の駅員もいたが、電話対応中で気づかなかった。

 痴漢などが起きた場合、同社では内規で「110番通報する」「原則、複数人で対応」「痴漢行為の当事者が逃走など不審な行動を起こさないよう監視する」などと定めているが、男性駅員はこれを守らなかった。男性駅員は同社の子会社であるJR西日本交通サービスの社員で、同社との雇用関係はなかった。

 その後、同社に被害を受けた女子高校生の母親から、「娘が精神的にまいっている。どうしてこうなったのか」と何度か抗議の電話があり、担当者が母親に直接会って謝罪したという。

 同社は「誠に申し訳ない。2度と同じことが起こらぬよう社員教育の徹底を図り、再発防止に努める」とコメントしている。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ