search
とじる
トップ > 芸能ニュース > NHKアナからのフリー転向 それぞれの道

NHKアナからのフリー転向 それぞれの道

 NHKの住吉美紀アナウンサー(37)が、3月末で退局することが一部スポーツ紙で報じられた。住吉アナは現在、「スタジオパークからこんにちは」のレギュラーほか、過去には人気番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」を担当したNHKではエース級のアナ。「報道からバラエティまで、フリーでやっていく実力は十分あるでしょう」(テレビ局関係者)。

 これまでにもNHKからフリーに転向したアナは少なくない。

 「もっとも活躍したのは草野仁。ワイドショーから世界・ふしぎ発見!まで。現在は前ほどの勢いはないまでも、“筋肉キャラ”としてバラエティのゲストとしても積極的に登場している。他には現在、フジの朝の顔になっている大塚範一やTBS系情報・報道番組『Nスタ』の堀尾正明など」(テレビ局関係者)

 女子アナでは『NEWS23X(クロス)』で活躍する膳場貴子、『NEWS23』で司会をつとめた草野満代。安心して見ていられるようなキャスターを輩出してきたのはNHKの影の功績かもしれない。

 ただ、落ち着いたアナウンサーを輩出した反動で、バラエティで活躍できるような女子アナを育てることができなかったとの声もある。NHK開局以来のアイドルアナと言われた久保純子は『ウチくる!?』に出演しているが、どこまで存在感を示せているのか微妙だ。

 ちなみに、今のテレビ界の出演者を選ぶ基準は「経費削減が最重要項目となっている民放では“安くて器用なキャラ”が喜ばれる」とテレビ局関係者は最後に語る。決して甘い道のりではないことは確かなようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ