search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 優木まおみ、出産から1年が過ぎ、すっかり母の顔

優木まおみ、出産から1年が過ぎ、すっかり母の顔

 日本自動車輸入組合(JAIA)の設立 50 周年を記念した「JAIA設立50周年記念祝賀会」が29日、都内で行われ、優木まおみ、松任谷正隆、ますだおかだの岡田圭右が出席した。昨年女児を出産したばかりの優木は子供の話を生き生きと披露。1歳2か月になったばかりの娘とすでにドライブを楽しんでいることを笑顔で報告した。

 優木は20代半ばに「ようやく免許を取れるくらいの収入も出てきたので」と免許を取得したといい、初めて買った車が中古のフォルクスワーゲンのゴルフだったと述懐。「20代の頃は横浜に住んでいたんですけど、自分がマネージャーさんを家まで車で迎えにいって、現場に行くという日々でした。長いドライブを楽しんでいました」としみじみ。

 当時も今も車好きのようで、出産から一年。すでに「子どもをチャイルドシートに乗せてドライブしたりしています」とにっこり。娘は「やっと言葉っぽいことを話す感じになりました」とも報告し、「車の名前を教えても、ちょっと間違って発音したり可愛いです」と母の顔。

 良い車の条件に関しても「ママを幸せにしてくれる車、家族で安心して乗れる車が良い車」と持論を展開し、今後は娘が成長していくのを見越して、「大きめのワゴン車が欲しい」と語っていた。

 イベントでは優木、松任谷、岡田が審査員を務めた「輸入車フォト&エッセイコンテスト」優秀作品の表彰式も行われた。岡田は「輸入車は自分のアイデンティティーを表現してくれる名刺のようなもの」と輸入車選びを身だしなみに例えて説明。おぎやはぎなど、輸入車を愛する芸人仲間も多く、センスのいい輸入車に乗っている芸人をライバルのような目で見ていると明かしていた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ