search
とじる
トップ > 社会 > 37歳無職の女、彼氏の「ちゃんとして」発言に絶望し殺害 「同情できる要素がない」判決に疑問の声も

37歳無職の女、彼氏の「ちゃんとして」発言に絶望し殺害 「同情できる要素がない」判決に疑問の声も

pic pic

画像はイメージです

 今年3月、交際相手を殺害したとして逮捕・起訴された無職の37歳女の裁判員裁判が17日に開かれ、京都地裁は懲役14年の判決を言い渡した。

 37歳の女は今年3月、交際中だった38歳のゆうちょ銀行社員男性に「好きって言って」と問いかけたところ、「ちゃんとしてたらね」と言われたことに絶望。男性を殺し自分も死のうと、ベルトで男性の首を絞めた上、包丁で刺し殺害した。

 殺害当時女は郵便局でアルバイトをしており、2人はそこで出会った。男性が元交際相手と復縁するのではないかと一方的に不安を募らせていたようで、「つれない返事」にイラ立ち、凶行へと走ってしまったようだ。

 裁判で京都地裁の裁判長は女について「将来を悲観する心情は分かる」としながらも、「被害者に落ち度はなく行動は身勝手」とし、女に懲役14年(求刑20年)の判決を言い渡した。

 この判決に、ネットユーザーからは「女はなぜちゃんとしなかったのか」「アルバイトじゃ『ちゃんとしろ』と言われても致し方ない」「ちゃんとすれば済む話。ちゃんとする気がないから絶望したのだろう」と怒りの声が相次ぐことに。

 また、裁判長が検察の求刑から6年分、懲役を短くしたことについても「納得できない。この女に同情できる要素がない」「依存心が強く、いい生活ができないことへの危機感から殺害した事件。どこに減刑の要素があったのか」などと疑問視する声が相次いだ。

 日本には「かわいさ余って憎さ百倍」ということわざがある。男女問わず、好きという感情が歪むと、殺意に変わってしまうのだ。どれだけ信頼しているとしても、交際相手の動向には注意を払う必要がある。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ