search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 秋元康氏が抱えるビッグプランとは NGTメンバー暴行事件の対応で誤算?

秋元康氏が抱えるビッグプランとは NGTメンバー暴行事件の対応で誤算?

pic pic

秋元康

 本人がSNSで事実関係を公表し発覚した、アイドルグループ・NGT48の山口真帆が昨年12月に自宅を訪れたファンから暴行を受けた事件だが、うやむやな形で“決着”しそうだ。

 「運営側は、弁護士ら識者からなる第三者委員会の発足を発表。事件の真相究明についての調査を委ねるとのことだが、公平中立なメンバーにはなりそうにない。おそらく、運営側にとって都合のいい調査結果で終わりそう」(芸能デスク)

 もともと、NGTはAKB48ら48グループの姉妹グループ。そのトップに立つのは、言わずと知れた48グループ総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏だが、今回の件について、いまだにコメントを出していない。

 「先日、謝罪会見を行った運営側の役員が、秋元氏の言葉について、『大変憂慮しております』とまるで政治家のような対応だった。本来、秋元氏自らが何らかのコメントを出すのが筋なのでは」(同)

 今回の件に関しては、連日、ネット上で炎上状態となり、民放キー局のワイドショーでは、コメンテーターたちから運営に対する批判が殺到。明らかに運営側の不適切な対応が招いてしまった事態だが、秋元氏のビッグプランに誤算が生じそうだというのだ。

 「秋元氏といえば、安倍首相の“お友達”として知られている。そこで、東京五輪の晴れ舞台に何らかの形で48グループを絡ませようというビッグプランがあり、そのためにグループを存続しているようなもの。しかし、NGTの事件で世間からは“逆風”が吹き荒れているだけに、48グループではなく、乃木坂46と欅坂46の『坂道シリーズ』をプッシュしていくことになりそうだ」(音楽業界関係者)

 秋元氏の“野望”が達成されるかが注目される。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ