search
とじる
トップ > レジャー > 「グランアレグリアに隙無しと思わせて」 朝日杯フューチュリティS 藤川京子の今日この頃

「グランアレグリアに隙無しと思わせて」 朝日杯フューチュリティS 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 1番人気になると思いますがグランアレグリア。2歳戦ではありますが持ち時計も1番良いです。前走の勝ち方も見事です。鞍上はC.ルメール騎手。文句を言う人は少ないと思います。距離も2連勝した同じ距離。しかし、2戦の勝利は東京コースなので、左回りでしたので、今回は右回り。産駒でみるコース適性は問題ない気がしますが、ここは少しネックかもしれません。

 斤量もこの2戦と同じ。馬体重はレース当日に増えていても2歳なので、寧ろ増えているのが順調と言えると思います。問題は、稀に輸送が凄く負担になる馬がいて、これは個体差が大きいので、計りづらいですがレース当日に馬体重が減っていたら危ないかもしれません。

 新馬戦では、先週の阪神ジュベナイルFで勝利したダノンファンタジーにも勝っています。まさに、隙無しと言っても過言ではありません。紐は、3連勝中で前走もデイリー2歳Sを勝ったアドマイヤマーズ。同じく3連勝中のファンタジスト。この3頭の戦いになると思いますが、強い馬同士が戦うと道中で無駄に体力を消耗するのか、他の有力馬が力尽きてしまう事もよくあります。

 その戦いに巻き込まれないとしたら、後ろか行く馬で、既に今回より少し長い1800mを好成績で経験している馬だと、過去の結果から垣間見れます。この条件だとマイネルサーパスとエメラルファイト、クリノガウディー。有力が崩れる時は、このレースでは、凄く荒れる事が多いのです。人気が集中しやすいレースなのかもしれません。

 馬券の種類にアレンジが必要かもしれません。1番人気になるような馬は馬券には絡みやすい傾向がありますが、意外に勝っている事は少ないです。

3連単フォーメーション
1着 2、6、11
2着 6、11、14、15、5、1、2
3着 2、6、14

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ