search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 松本人志 清水富美加の告白本発売は逆効果「絶対マイナスに働く」

松本人志 清水富美加の告白本発売は逆効果「絶対マイナスに働く」

 19日放送のフジテレビ「ワイドナショー」でダウンタウンの松本人志が、清水富美加(22)の告白本発売に「絶対マイナスに働く」と考えを示した。

 宗教団体「幸福の科学」へ出家し、芸能界引退を発表した若手女優の清水富美加。所属事務所側と「幸福の科学」の間で意見が食い違い、泥仕合の様相を呈す中、17日に清水は「千眼美子」名義で「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)を発売。清水は心身疲労の限界を理由に“出家引退”を発表していたが、あまりにも早すぎる本の出版に対して、ネット上では「計画的」「用意周到」「仕組まれていた」などと清水に批判が殺到している。

 松本は、清水の仕事環境に理解を示し、「ここで辞めるっていうベストな辞める時期って、僕は確かにないと思うんですよ。契約が切れるまで我慢せいって意見もありますけど、たぶん契約前に次の契約以降の仕事も入ってきているから」と区切りよく引退することは困難だと説明。本人が「辞めたい」と主張しても、事務所側から諭されるとお手上げ状態になってしまい、「大人相手に戦えない」とコメントした。

 そして、告白本の発売に関しては「彼女の味方やった人たちが、結構離れていくんじゃないかなとは思うね」と推測し、「幸福の科学さんはなぜこのタイミングでこれを出したのか!?」と出版のタイミングを疑問視。「絶対マイナスに働く」と断言し、「彼女のサポートをしてやれてない感じがするな」と告白本発売は逆効果だと意見を述べた。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ