search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 秋元康氏が夢中になるアプリ「755」にAKB48ファンは「すぐに飽きそう」と冷静

秋元康氏が夢中になるアプリ「755」にAKB48ファンは「すぐに飽きそう」と冷静

 AKB48グループの総合プロデューサー、秋元康氏がトークライブアプリ「755」を一部メンバーにすすめたことで、多くのメンバーが同アプリに参加して話題になっている。秋元康氏は同アプリで、来年の春に北海道で新グループを立ち上げること、さらに総監督の高橋みなみのソロセカンドシングルの進捗状況を説明することどを語っている。

 トークライブアプリ「755」は著名人同士が特定のテーマに基いてやりとりするテキストや画像を閲覧できるというもの。ユーザーは著名人同士の意見交換に参加することはできないが、ユーザー同士で感想を言い合えるというもの。株式会社サイバーエージェントと堀江貴文氏の企画であり、「755」は堀江氏の囚人番号とのこと。

 秋元氏からのすすめで、まず最初に参加したのは指原莉乃。その後も続々と多くのメンバーが参加。また、ライバルグループである乃木坂46の参加も検討されていることも明らかにされている。

 AKB48ではこれまでファンとの交流ツールとして、Google+があり、こちらは、「755」と重なる部分が多い。同じような交流サイトにメンバーが参加することについて、ファンの間で疑問も多く、「このアプリへの参加はメンバーの義務? 宣伝目的なの?」との声が挙がっている。

 そんな中、あるメンバーは、「755で聞いてもコメント見づらすぎる!(笑)」との感想とともに、「755はやらないとだめなんだってー」とメンバーの強制参加が義務であることをにおわせている。これに対してファンは、すぐにAKB48グループのスタッフである戸賀崎氏に質問。戸賀崎氏は、「全くそんなことはないですよ。笑。強制だとしたらやっているメンバーが少な過ぎます」と説明した。

 戸賀崎氏が説明するように、「755」に参加を拒否するメンバーもいる。まず、HKT48の新星で、“なこみく”の一人である田中美久は、「話題の755ですが、美久は幼いので家族と相談してやらない事にしました」として参加せず。同じくHKT48の宮脇咲良は、「755始めたけど、やっぱりぐぐたす(Google+)が一番落ち着きますね。755は気まぐれ参加します」と積極的でないことを表明。AKB48の伊豆田莉奈は、「755やらないことにしました! やってーって言ってくれた方ごめんなさい」としている。

 一方で、トラブルも起きている。SKE48の須田亜香里は、「みなさん大変! 755にいる私は、偽物です! 気をつけてください!!」と成りすまし被害にあっていることを語っている。また、NMB48の木下百花も「はい、でたらしいです 755に私の偽者さん、いやん物好き。あのねー、なりすましがどーたらってんなもん知るかよ!! 勝手にやってろ!! こっちは毎日毎日、食物繊維とることに必死なんだよ!! ぴぇーーーーい」と同じく被害にあっているという。

 「755」に関して、メンバーからは様々な反応があったが、ファンはどう見ているのだろうか。AKB48が「Google+」を開始した当初、秋元康氏は多くのコメントをファンへ向けて発したが、その後、興味が薄れたようで、まったく更新しなくなった。今回、「755」をスタートさせ、札幌での新グループの構想を語るなどのサービストークも行ったが、「Google+のように、すぐに飽きるだろう」との冷めたファンの声も少なくない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ