search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「女子アナ・ウォッチング」第27回〜テレビ朝日・市川寛子アナ

「女子アナ・ウォッチング」第27回〜テレビ朝日・市川寛子アナ

 リアルライブ読者の皆さま、こんにちは。

 今回は“テレビ朝日の顔”ともいえる、市川寛子アナ(32)を取り上げます。

 市川アナといえば、先日、同局事業系社員との社内結婚が報じられたが、8月25日、自身のブログでそれを認めた。結婚に際し、市川アナは「仕事は続けますし、ますます精進してまいります。人間的にもさらに成長し、また新たな視点で物事を伝えていけるようになればなぁとも思っています。引き続き、これからもどうぞよろしくお願いいたします!」とコメントしている。

 市川アナは79年12月7日生まれ。愛知県名古屋市出身で、京都府京都市、神奈川県横浜市で育つ。神奈川県立柏陽高等学校を経て、青山学院大学経済学部に入学。99年にはミス青山に選ばれている。在学中には読者モデルとして、ファッション雑誌に登場したり、フジテレビ系列のドラマ「花村大介」に出演した経験もある。

 03年4月にテレビ朝日に入社。同期は前田有紀アナ、大木優紀アナ。同年夏の「全国高校野球選手権大会中継」(大阪・朝日放送)で、甲子園球場のアルプススタンドのレポーターとして、アナウンサーデビュー。2年目の04年4月には、同局の看板番組「報道ステーション」の天気予報担当に抜てきされる。これをきっかけに、気象予報士資格取得のための勉強を始め、06年には3回目のチャレンジで同試験に合格した頑張り屋さんだ。

 09年4月には同番組のサブキャスターに昇格し、“テレビ朝日の顔”として飛躍。11年3月には同番組を卒業したが、同年4月からは週末の「スーパーJチャンネル」(土・日曜日午後5時30分〜5時55分)のキャスターに就任。報道一筋の道を歩んでいる。

 現在はその他、「雑学家族」(土曜日午後6時30分〜6時56分)、「東京サイト」(平日午後1時55分〜1時59分)のナレーションなどを担当している。

 女子アナ・ウォッチャーのK氏によると、「女子アナのバラエティ化が進むなかで、市川アナほど、清楚で控えめな印象があるアナウンサーは稀有な例ではないでしょうか。仕事ぶりは着実で、報道路線にはピッタリの人材といえます。結婚は残念な面もありますが、人妻となっても、その姿勢を保ち続けてほしいですね」と語る。

 マジメな市川アナなら、仕事と家庭の両立もこなしていけそう。アナウンサーとして、今後のさらなる活躍を望みます。
(坂本太郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ