search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 地方局時代の“セクハラ疑惑”を暴かれた『NHKの麿』

地方局時代の“セクハラ疑惑”を暴かれた『NHKの麿』

pic pic

画像はイメージです

 4月2日にスタートするフジテレビ系夕方の報道番組「プライムニュース」でメインキャスターを務めることが発表されていた、NHKを退局した登坂淳一アナウンサーだが、NHKの札幌局時代のセクハラ疑惑を、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 97年にNHKに入局した登坂アナ。04年からの東京本局時代には定時のニュースを担当。平安貴族を思わせる上品なたたずまいから、「NHKの麿」の愛称で親しまれていた。

 しかし、酒が入ってしまったためのご乱行か、同誌に10年に札幌局に異動した翌年の6月、番組の打ち上げの二次会でローカル局の新人契約キャスターに対するセクハラをはたらいていたことが発覚したという。

 登坂アナは自分の隣についた女性に執拗すぎるほどボディタッチ。女性がトイレに逃げると、追いかけてきたうえで無理矢理キスを迫るなどしたというのだ。

 女性は勇気を持って“告発”した結果、登坂アナは事実関係を認め、上司から厳重注意処分を受けたのだとか。

 その話は東京本局の上層部にも伝わってしまったため、その後、東京に戻ることなく大阪、鹿児島と地方を転々とし、今月11日に退局。

 01年に同期の女性と結婚したが、女性のうわさは絶えず、昨年春ごろに離婚してしまったというのだ。「この話は局の内部で知れ渡っています。そのため、フジが起用を発表した際、局内では『なんで、あんな人を起用するのか』と話題に。今後、さらなるスキャンダルが出たらアウトでしょうね」(NHK関係者)

 新番組では毅然した報道姿勢が求められる登坂アナ。

 しかし、同誌によると、所属事務所を通じて取材を受けることになったが、ドタキャンしたという。
 フジは人選ミスだった!?

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ