search
とじる
トップ > アイドル > 松井珠理奈、総選挙1位もいきなりセンターが代役 復帰時期は未定

松井珠理奈、総選挙1位もいきなりセンターが代役 復帰時期は未定

pic pic

松井珠理奈

 16日に開票イベントが開催された「第10回AKB48世界選抜総選挙」で初の1位となったSKE48の松井珠理奈だが、27日に放送された「テレ東音楽祭」には出演しなかった。

 SKEは同番組で7月4日発売の新曲「いきなりパンチライン」をテレビで初披露。

 しかし、センターを務めるはずの松井は出演せず、代わりに総選挙で2位となった須田亜香里がセンターを務めた。

 歌唱後、須田はブログを更新。「代理ではありますが私、史上初センターに立ってテレビで歌唱。珠理奈さんの努力を見てきたからこそ物凄いプレッシャーでした」とステージを振り返り心境を告白。

 演出について「珠理奈さんの男性的なセンターとまた違う女性的な衣装と振りにしてもらいました」と明かし、「本当はもっとカッコいい曲!本家楽しみにしてて」と松井を気遣った。

 松井は開票イベント前のコンサートで、過呼吸のような症状になり運ばれるアクシデントがあった。

 18日にはツイッターに「まだ体調が良くないのですこしお休みします。ごめんなさい」と書き込み、19日に予定されていた自身の「生誕祭」も延期された。

 「SKEの本拠地・名古屋で初の総選挙開催とあって絶大なプレッシャーを受けていた珠理奈。1位になってもこんな状態だから、もし2位になったらもっと深刻な精神的ダメージを受けていたはず。総選挙後のこの時期、16位までの選抜入りしたメンバーは9月の新曲発表に向けて稼働しなければいけないが、この分だと早期の復帰は難しそうだ」(レコード会社関係者)

 しばらくは須田が松井の代役を務めなければいけないようだが、ますます須田の知名度がアップしそうだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ