search
とじる
トップ > スポーツ > 戦極 小見川が野生化! 猫パンチも習得

戦極 小見川が野生化! 猫パンチも習得

 「戦極〜第七陣〜」(20日、東京・国立代々木競技場第二体育館)のフェザー級GPに出場する小見川道大が12日、都内の吉田道場で練習を公開。愛猫のケンカをきっかけに野生の血が覚醒した。

 1回戦でL・C・デイビスと対戦する。現在はボクシング技術に磨きをかけるため、年末からWBC女子世界ライトフライ級王者・富樫直美などを輩出したワタナベジムに週2回、出げい古を行っている。「パンチは早いんですけど、よけられるようになってきた。カウンターも当たるようになった」。攻守のレベルアップを実感している。

 自宅では猫を7匹飼う。愛猫たちのケンカをヒントに「猫パンチ」も身につけた。相手のデイビスを「黒ヒョウ」、自らを「オオカミ」にたとえ「本能的な試合になる。野性味あふれるファイトで制したい。最後は寝技で勝つ」と誓った。
 2007年4月以来約2年ぶりの勝利を目指し、眠れる狼が野獣と化す。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ