search
とじる
トップ > 社会 > 噂の深層 AV撮影で閉鎖された露天風呂にあの女優も入っていた!?

噂の深層 AV撮影で閉鎖された露天風呂にあの女優も入っていた!?

 相次ぐ苦情により無期限閉鎖となった栃木県塩原温泉にある共同露天風呂「不動の湯」と「不動の足湯」。

 同湯は川沿いから50メートルほど入った山林にある無人の露天風呂で、森林に囲まれた秘湯のような雰囲気が温泉ファンに高い支持を受けていた。ところが一部報道によれば、ここ数年前から他県ナンバーの車が集結しては、男女グループが全裸で淫らな行為を繰り広げ、盗撮や無許可でのアダルトビデオの撮影など、何かと不審者の目撃情報が相次いでいたという。

 「ネット上では“露出調教”を売りにしたAVメーカーの作品で何度も使われていたことが明らかになりましたが、実はあの高視聴率ドラマのロケにもこの露天風呂が使われていたんです」(スポーツ紙記者)

 そのドラマとは『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)。堺雅人演じる敏腕弁護士と、その助手役を務める新垣結衣によるコミカルなやりとりが話題になった人気法廷ドラマだ。このドラマの第6話放送直後に流された第7話の予告編に噂のシーンがあるという。

 「第7話は有名推理小説『八つ墓村』をオーマージュにした回で、スケキヨを真似て真っ白な顔パックをつけた無表情の小池栄子が、薄暗い露天風呂に胸まで浸かったままゆっくりとそのパックを剥がすシーンがあるんです。この露天風呂が不動の湯だと温泉ファンの間で指摘されているんです」(スポーツ紙記者)

 ちなみに、問題の小池栄子の入浴シーンは予告編のみでしか流れないが、第7話の本編では小池の上司役を演じた生瀬勝久がこの湯に入っているシーンが登場する。テロップのロケ地協力の部分にも同湯の近隣施設の名前が登場するという。

 小池にとっては何とも不快な事実だったに違いない。(明大昭平)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ