search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 視聴率2.1%を記録するなどドロ沼のフジ「バイキング」の裏で、TBS「ひるおび」は好調キープ

視聴率2.1%を記録するなどドロ沼のフジ「バイキング」の裏で、TBS「ひるおび」は好調キープ

 「笑っていいとも!」の後番組として、4月1日にスタートしたフジテレビ「バイキング」(月〜金曜日午前11時55分〜午後1時)の低迷は続き、ドロ沼状態にはまっている。

 同番組は、初回(1日/MC=TAKAHIRO)こそ、視聴率(数字は以下、すべて関東地区)6.3%で、日本テレビ「ヒルナンデス!」と並んで、同時間帯トップとなり、好スタートを切ったものの、翌2日には5%台に転落。5日(MC=坂上忍)には4.5%と、5%を切ってしまった。

 9日(MC=おぎやはぎ)には3.1%まで落ち、15日(MC=TAKAHIRO)は2.7%と最低記録を更新。

 その後も、視聴率は下がり続け、22日(MC=NAOTO)は2.4%、25日(MC=雨上がり決死隊)は2.1%まで落ち込んだ。祝日の29日(MC=TAKAHIRO)は4.5%まで持ち直したが、お先は真っ黒だ。

 25日に定例会見したフジ・亀山千広社長は、「一喜一憂しないようにしている。ただ、『笑っていいとも!』が始まった30何年前も2%台で、2ケタに行くのに半年近くかかった」と当面は静観する構え。

 一方、同番組の低迷をシリ目に好調ぶりをキープしているのが、TBSの情報番組「ひるおび」第2部(月〜金曜日午前11時55分〜午後1時50分)だ。

 「ひるおび」はホンジャマカの恵俊彰がMCを務め、アシスタントは江藤愛アナ、おもな出演者は国際弁護士の八代英輝ら。

 13年度(13年4月1日〜14年3月28日)の同番組第2部の年間平均視聴率は5.7%で、12年度(5.9%)に続き2年連続トップを獲った。これまで、アシスタントを務めていたTBSきっての人気女アナ・枡田絵理奈アナが3月で卒業し、視聴率下降も危惧されたが、4月の月間平均視聴率は6.8%で、同時間帯トップ。18日には9.1%の高視聴率を記録するなど、10〜23日の10放送日連続同時間帯トップをキープした。21日から25日の週平均視聴率も、7.5%で同時間帯トップになるなど絶好調だ。

 ドロ沼にはまった「バイキング」が、王者「ひるおび」の牙城を崩すのは簡単ではなさそうだ。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ