search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ティム・バートン監督、松井愛莉のコスプレにご機嫌「あまりにも素敵」

ティム・バートン監督、松井愛莉のコスプレにご機嫌「あまりにも素敵」

 最新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(2月3日公開)のプロモーションのため来日中の映画監督・ティム・バートンが31日、都内で来日記者会見を開いた。会見にはモデルで女優の松井愛莉と、人気双子姉妹のりんかちゃん&あんなちゃんも駆けつけ、バートン監督に花束を贈呈。受け取ったバートン監督は「こんな花束を頂いて…美人コンテストで優勝したような気分です」と嬉しそうな表情を見せた。

 松井はこの日、劇中キャラクターのミス・ペレグリンのコスチュームで登場。孤独な少年が英ケルン島を訪問し、そこで出会った奇妙な子供たちとの交流を描いた本作について「見終わった後も自分がすごく興奮状態。興奮が落ち着いた後も印象に残るシーンがありすぎて…。すごくよかったです。わくわくどきどき楽しめました」と絶賛。バートン監督も松井や双子姉妹を前に「あまりにも素敵。ぜひ日本版を撮りたいと思うくらい」と思わず頬を緩ませた。

 バートン監督は大の日本通としても有名。「本当は日本に来て撮影をしたいという気持ちもあったんです。でも予算が足りなくて」と本作について触れ、「大好きな日本への思いも込めて、映画の中に日本的な要素も盛り込んであります」と劇中さりげなく登場する一万円札のシーンなどを紹介。「僕の大切な作品が特別な国、日本で公開されるのは嬉しい」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ