ケイリン徒然草 プロ野球出身者は競輪で大スターになれるか

ノンジャンル 2008年12月03日 15時00分

 「なんとか競輪界にスター選手作りを」というので26日、広島球場で行われたプロ野球12球団の「トライアウト」には、素質のある選手を競輪選手にスカウトしようと、会場にはブースまで設け競輪学校の教官が目を光らせた。すでにプロ野球界から競輪に転向したのは12人いるという。

 先陣を切ったのは西野忠臣(神奈川・20期)だ。東京読売巨人軍から、当時巨人軍のスカウトをやっていて競輪ファンだった沢田さんの紹介で、川崎で選手養成塾をやっていた小林三郎さんのところに入門。伊藤繁(21期)とともに激しい練習に耐えて合格、競輪選手を第二の人生として送った。

 もう一人記憶に残っているのは宮本孝雄(茨城)だ。竜ヶ崎一高から東映フライアーズ(現日本ハム)に3位指名され投手として入団した。競輪では先行まくりから追い込みと頑張っていた。

 野球出身者は小学校時代から厳しいトレーニングを経験しているので体力的に潜在能力がある。スポーツでいえばスケートの経験者の方がダッシュいいだけに、早期に上位進出が期待出来る。

 大体、高校の自転車部に入るのは野球やサッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技などより、その当時は体力的に劣るものが多い傾向があった。その中から競輪選手になるには適性組が多い。

 適性組で合格して大スターになったのは滝沢正光(千葉)清嶋彰一(沖縄)のようにバレーボール、陸上競技が多く、中野浩一も高校時代は陸上の110メートルハードルの選手だったし、山田裕仁(岐阜)も陸上競技をやっていた。野球組も活躍しているが、サッカーの小門洋一(神奈川)の域までは到達していない。高校でエース級の選手が、競輪の厳しい練習に耐えれば大スターが誕生する可能性がある。さてどうだろうか。

ピックアップ
ノンジャンル新着記事

名医・博士の健康術 ★今週のテーマ 咀嚼の重要性
2019年10月17日 12時03分

本好きのリビドー

本好きのリビドー
2019年10月13日 06時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る