search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 乃木坂46が「何だろうな、規模が急に大きくなった」と握手会8000人を前に涙を堪えた!

乃木坂46が「何だろうな、規模が急に大きくなった」と握手会8000人を前に涙を堪えた!

 アイドルグループ・乃木坂46の「セカンドシングル『おいでシャンプー』発売記念全国握手会@幕張メッセ」が7日、千葉・幕張メッセで開催。握手会に先立つライブで、新選抜メンバーによる8月22日発売のサードシングル「走れ! Bicycle」がサプライズで初披露され、詰めかけた8000人のファンが熱狂した。

 新曲「走れ! Bicycle」は、アップテンポのダンスナンバー。スパンコールを散りばめたカラフルな衣装を身に着けて、太もも全開ショートパンツで、夏と青春を歌いあげる。スカートをめくったり、お尻をフリフリするなど、乃木坂46のこれまでのイメージとは違い、メンバーたちも、「今までにない」と興奮気味。「私たちといっしょに踊って、騒いで、盛り上がって下さい!」「(この曲を)いっしょに作っていきましょう」と呼びかけ、会場を熱狂に包んだ。

 また、ライブでは、「おいでシャンプー」「狼に口笛を」「ハウス!」「乃木坂の詩」も披露。マイクを持ったキャプテンの桜井玲香は、「こんなにたくさんの方に集まってもらえる日がくると思ってなかったし、こんなに、何だろうな、規模が急に大きくなったというか」「こんなにたくさんの方々に支えられて、私たちはライブ活動できたとか、楽しい時間を毎日、過ごせているんだなって思ったら、感極まって」と涙ぐんだ。しかし、ファンの大声援に支えられ、涙を堪えた桜井は、「これからもっと、もっと、大きいステージで、もっと、もっと、たくさんの方たちに、もっと、もっと楽しい時間を届けられるように、私たちもがんばっていかなきゃと改めて思いました」とさらなる活躍をファンに誓った。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ