search
とじる
トップ > レジャー > 橋本千春の勝馬ピックアップ!(2/19)フェブラリーS、他

橋本千春の勝馬ピックアップ!(2/19)フェブラリーS、他

1回東京競馬最終日(2月19日・日曜日)予想・橋本千春

☆東京11R「フェブラリーS」(ダ1600メートル)
◎9ベストウォーリア
○10カフジテイク
▲8デニムアンドルビー
△6モーニン、11ノンコノユメ
 三度目ならぬ、四度目((13)(3)(4)着)の正直に燃える、ベストウォーリアに期待する。目下、4連続2着中と勝ち運に恵まれないが、実力は健在だ。しかも、高い評価を与えられるのは、自分から勝ちに行く正攻法の競馬をしていることだ。とりわけ、前哨戦の根岸S2着は真骨頂。ゴール寸前にカフジテイクの強襲に屈したが、2キロ重い58キロが微妙に影響したことは間違いない。それでも、3着は2馬身1/2差突き放しているのだから決して、悲観する内容ではない。体調面でも本番を見据え、余裕残しの仕上げだったことは、デビュー以来、最高体重(520キロ)からも容易に想像できる。1度使われて、上積みは大きい。定量57キロで闘えるのも強調材料で今度こそ、大願を成就する。

東京10R「アメジストS」(芝2000メートル)
◎3メートルダール
○2タイセイサミット
▲6トーセンマタコイヤ
△1シャドウウィザード、10ベルキャニオン
 実力は重賞レベルの、メートルダールをイチ押し。2連勝を目指した、ウェルカムSは3着に敗退しているが、坂上で前を塞がれる不利を受けなければ、着差(0秒2差)から判断して勝っていたに違いない。3歳時とはいえ、京成杯、共同通信杯3着が示す通り、条件レースでは役者は一枚上の存在。普通に走ってくれば、結果は付いて来ると確信する。

小倉11R「小倉大賞典」(芝1800メートル)
◎2ストロングタイタン
○6マイネルハニー
▲7マルターズアポジー
△8ベルーフ、11クラリティスカイ
 小倉戦は3戦3勝(1800メートル2勝)の、ストロングタイタンが狙い目。特別3連勝の余勢を駆って挑んだ、中山金杯は9着と、悔しい結果に終わっているが、勝負どころの3コーナーで接触、リズムを狂わせたことが響き、最後は流して終わった。不完全燃焼のレースだけに度外視できる。しかし、重賞初挑戦の経験はここで生かされるハズ。1枠2番と、枠順にも恵まれ勝利へ大きく前進だ。

京都11R「斑鳩ステークス」(芝1400メートル)
◎5レッドアヴァンセ
○6テラノヴァ
▲2ニシノラッシュ
△7キングハート、8テルメディカラカラ
 休み明け2戦目で走り頃の、レッドアヴァンセで今度こそ。その前走、新春Sはクビ差2着と涙を呑んだが、ここに大きく望みをつないだ。休養前に牝馬3冠レースで(7)(7)(5)着の成績は、ここでは大威張りできるし、実力上位なのは明らか。京都コースも、オープン特別を含め、<2201>と、自分の庭同然。もう、負けることは許されない。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ