search
とじる
トップ > 芸能ニュース > R-1ぐらんぷりでCOWCOW多田が涙の優勝、相方のことを思い浮かべたら…

R-1ぐらんぷりでCOWCOW多田が涙の優勝、相方のことを思い浮かべたら…

 “一人芸日本一”を決定する『東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり2012』の決勝トーナメントが20日、都内のスタジオで開催され、関西テレビ・フジテレビ系全国ネットで生放送された。ショートギャグをマシンガンのごとく繰り出したCOWCOW多田が初優勝を飾り、番組終了後、よろこびを語った。

 10回目となる今年のR-1には、過去最多の3612人がエントリーし、この日行われた決勝トーナメントには、友近・野性爆弾川島・AMEMIYA・COWCOW多田・サイクロンZ・いなだなおき(アインシュタイン)・徳井義実(チュートリアル)・キャプテン渡辺・千鳥大悟・ヤナギブソン(ザ・プラン9)・ヒューマン中村・スギちゃんの12名が登場。3つに分けられたブロックをそれぞれ勝ち抜いたCOWCOW多田、徳井義実、スギちゃんが最終戦を行い、決戦投票の末、COWCOW多田がR-1王者の栄冠に輝いた。

 優勝者会見ではまず、「お客さん、スタッフさんにも感謝で、今回のネタは設定とかいろいろ、相方にも協力してもらったので、ほんとに、相方に感謝しています」と、相方のCOWCOW山田はじめ、ファンや関係者らに謝意を示した。

 500万円の賞金は、以前、山田が1000万円の賞金を得たときに100万円もらったエピソードを紹介し、「50万は相方に渡す予定です」。また、決勝戦のネタでも使用した「箱」や「台」などの道具はスタッフに作ってもらったといい、「その代金もまだ払っていないので、自腹で払いたいなと思います」と笑顔を見せた。

 気になる今後は、すでに4年連続で決勝戦に進出している相方・山田に関しては、来年のR-1への出場などは「わかりませんが」としたうえで、多田自身は、今回の結果に関わらずR-1への出場は「今年が最後」と前もって決めていたことを明かし、多田個人としては、「お互いR-1は卒業して、コンビの活動に力を入れたいなというのが本音です」と語った。

 また、優勝が決まった瞬間に見せた涙については、19年間COWCOWとして活動し、さまざまな苦労があったなかで、「相方のことを思い浮かべたら泣いてしまいました」と語り、興奮冷めやらぬ決勝ステージでのコメントとなったが、相方をはじめ周囲の人たちへの感謝の気持ちに満ちた新王者・多田の人柄がにじみ出た会見となった。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ