search
とじる
トップ > スポーツ > IGF 猪木が衆院選出馬!? 政界、角界に提言ダァー!

IGF 猪木が衆院選出馬!? 政界、角界に提言ダァー!

 猪木が大放談ダァー!プロレス団体IGF社長の“燃える闘魂”アントニオ猪木が26日、都内ホテルで会見。マット界のみならず、激動の政界と角界に緊急提言を行った。

 11月24日に「GENOME7」(愛知県体育館)を開催するIGFの猪木社長。この日は恒例となった渡米前の会見に臨み、次回興行に向けて「名古屋からまた新しいものを発信していきますよ」と闘志をみせた。
 さらには古巣の新日本プロレス1・4東京ドーム大会にも言及。複数の団体によるオールスター戦開催も浮上していることに「もっと話をでかくしてやりゃいいのに。みんな仲良くすりゃいいんだ。みんなが飯を食えればそれでいい」と持論を展開した。
 そればかりではない。猪木はマット界はおろか、政界や角界にも提言。まずは激動の政局について「総選挙がもう少し後だったら、名古屋のリング上から出馬宣言したけどね」とうそぶくと、政界引退を表明した小泉純一郎元首相の話題では「小泉さんの選挙区から出ようかな」とアントンジョークをさく裂させるなど舌好調だ。
 元露鵬と元白露山の大麻問題で揺れる角界には大胆発言。猪木は「俺も日本プロレスを追放された身だから、気持ちは分かる」と解雇された両力士に理解を示し「最初から外国人を入れなきゃいい」とピシャリ。猪木節で角界に警鐘を鳴らしていた。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ