search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「DVの一種」「愛してたら出ない言葉」妻への“モラハラ”でパンサー尾形に批判殺到

「DVの一種」「愛してたら出ない言葉」妻への“モラハラ”でパンサー尾形に批判殺到

pic pic

パンサー・尾形貴弘

 2日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でのお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘のある発言が物議を醸している。

 この日は尾形について、「妻への嫉妬心が異常」とのことで、その真偽を検証する企画が放送。その中では、「もしも奥さんがナンパされたら?」という尾形に対する逆ドッキリも行われた。この逆ドッキリは、尾形には「妻をターゲットとしたドッキリを別室で見る企画」と説明されたものだが、実際にはナンパ師と妻をロンドンブーツ1号2号・田村淳が指示して動かしているというものだった。

 ドッキリ敢行中、ナンパ師と妻の距離が縮み、雑談をしていると、尾形はモニター越しに「浮気だよ、これ」「こんなやつだと思わなかった。とんでもねえ嫁さんもらっちまった」と激怒。話しているだけにも関わらず、「俺が選んだ女性が間違ってましたわ」と呟き、最後にLINE交換すると、「ダメだ、コイツ」と吐き捨てていた。

 その後、自宅隠し撮りも行われたのだが、宅配便の配達員と妻が談笑しただけで、浮気への発展を疑い、「俺がこんなに真面目にやってるんだから。芸人の俺がだぞ?」と発言。さらに、キックボクサーの武尊が掲載された雑誌に折り目が付いているのを見つけた尾形は「これが本当なら離婚」「お前がこうやっていっぱいめちゃくちゃ食えてるのも俺が働いてきてるから」と吐き捨てていた。

 しかし、放送後、尾形のツイッターの元には「奥さんを愛してたら出ない言葉ばかり。最低すぎる」「最低ですね。一種の言葉のDVだと思います」「貴方の行動は嫉妬なんかじゃありません、立派なDVです」という批判が殺到。「モラハラ」を指摘する声も多く寄せられた。

 「尾形といえば、現在の妻と婚約中の15年にファンの女性2人と浮気していたことが報じられましたが、妻がそれを許した形で結婚。それなのにも関わらず、自分の行動を棚に上げて妻を責め続ける姿に、多くの視聴者が不快感を抱いたようです」(芸能ライター)

 その後、尾形はツイッターで「どうしよう!!炎上してるよ。。あいちゃん(妻)、さくら(娘)、ミク(愛犬)、ごめんね。。どうしよう。。」とツイートしたものの、火に油を注ぐ形に。いまだ炎上状態は続いている。

記事内の引用について
尾形貴弘公式ツイッターより https://twitter.com/ogaogaoga399

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ