search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 劇団ひとりが品川ヒロシに圧勝! 映画監督作品の興行収入は約3倍

劇団ひとりが品川ヒロシに圧勝! 映画監督作品の興行収入は約3倍

 24日に公開された劇団ひとり監督の映画「青天の霹靂」。公開2日間で動員数13万898人、興行収入1億8985万円を記録。国内映画ランキングでは空前の大ヒット映画「アナと雪の女王」に続き、初登場で2位にランクインした。

 一方、4月1日に公開された品川ヒロシ監督の映画「サンブンノイチ」は、公開初週末の4月5日と6日の2日間で、動員数4万4491人、興行収入6345万円を記録。国内映画ランキングでは、初登場8位だった。

 「サンブンノイチ」と比べると「青天の霹靂」は、動員数で約3倍、興行収入でも約3倍と大きく引き離した。ただ、「サンブンノイチ」が公開されていた時期は「アナと雪の女王」旋風が真っ只中で、「サンブンノイチ」以外にも「相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」も数字が伸び悩んでいた。

 品川にとっては不運としか言いようがないが、結果だけを見れば劇団ひとりの圧勝だった。 

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ