search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 益若つばさ、息子がEXITりんたろー。と共演も「目覚めないで欲しい」芸能界デビューは反対?

益若つばさ、息子がEXITりんたろー。と共演も「目覚めないで欲しい」芸能界デビューは反対?

pic pic

益若つばさ、山本梨愛、近藤千尋、田中杏奈

 制服の似合うNo.1ティーンを決定する『JAPAN SCHOOL UNIFORM GRAN-PRIX 2021』の発表会が17日、都内で行われ、栃木県の中学2年生・山本梨愛がグランプリに輝いた。

 >>全ての画像を見る<<

 応募総数1352人のオーディションを勝ち抜いた山本は、今後「トンボ学生服」のスクールウェアモデルに1年間起用され、芸能事務所・エイジアプロモーションへ所属してタレント活動を行う。準グランプリには福岡県に住む高校1年生の陣野小和が、審査員特別賞には愛知県の中学3年生・古沢わつらふ、大阪府の高校3年生・植松優音が選ばれた。

 山本は「まさか選ばれると思っていなかったので、本当に嬉しかった。笑顔を大切にしているので、笑顔でたくさんの人を元気にしたい」と受賞の喜びを語り、自身の制服の着こなし方法についても、「わたしの学校の制服はセーラー服。リボンの縛り方を工夫しています」と紹介。「わたしがめざしている女優さんは永野芽郁さん、モデルさんでは田中杏奈さん。賞金の50万円はまだ家族で旅行とか行けていないので、そのお金を使ってみんなで行きたい」と話した。

 特別審査員は益若つばさ、近藤千尋、田中杏奈の3人が務めたが、田中は「すごく懐かしい気持ちになりました。これから皆さんとお仕事できるのが楽しみ」とコメント。近藤も「キラキラして、自分の娘のように思えました。山本さんは王道の可愛さ。クリクリの目で、チワワのような目で見られたらみんなドキドキするんじゃないかなって」と述べ、「わたしは結婚してからの方が仕事が増えた。仕事がなくなったら結婚するのもいいかも。仕事が少なくなったら、芸能界が全てじゃないって思った方が肩の力が抜けてよくなると思います」ともアドバイス。

 益若も「オーディション受けた子の年齢が息子と変わらない。13歳の子もいて、みんな、こんなにしっかりしているんだって。親心でみんな受からせてあげたい気持ちでした。全員入れてもいいくらい素敵な子ばかりでした」と感想を述べる。山本についても、「山本さんは最初にエントリーシートを見た時に笑顔が可愛くて。どんな子が来るのかなって思ったら、髪を縛ってきて、雰囲気が違って、ダンスもキラッキラッの笑顔で踊っていて、慣れていない感じや、オーディションをそんなに受けていない感じが親心をくすぐりました」と大絶賛。

 芸能界で生き抜く秘訣を問われると、益若は「わたしが聞きたい」と照れつつ、「今の時代は多様性とか、自由な子も増えて、個性をどこまで出していいか難しい。20代前半で葛藤している人が30代、40代で伸びていくのかなって思います。うまくいかないことは10年後に全てプラスになると思います」と自身の経験を踏まえて発言。

 益若には13歳の男の子がいるが、「息子はできれば芸能界はめざさないで欲しい」ともコメントし、「先日YouTubeの手伝いをしているお友達が、EXITのりんたろー。さんの動画に社会科勉強のために出演して欲しいって言ってきて、参加させたんですけど、りんたろー。さんのエンディングを息子が飾ったって聞いて。息子に聞いたら『手応えあった』って。りんたろー。さんも『後輩で一番面白い』って言っていたらしくて、いいきっかけだとは思ったけど、目覚めないで欲しいという不安もあります」と嬉しそうに話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ