search
とじる
トップ > 芸能ニュース > YouTuberエミリンがドラマ初主演、共演の高杉真宙「イメージとちょっと違った」撮影エピソード明かす

YouTuberエミリンがドラマ初主演、共演の高杉真宙「イメージとちょっと違った」撮影エピソード明かす

pic pic

エミリン、高杉真宙、鬼頭大晴

 YouTuberのエミリンと俳優の高杉真宙が25日、都内でドラマ『世田谷ベランダの恋』公開記念イベントに出席した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 「ドラマティックに生きよう」がコンセプトの、オリジナルドラマYouTubeチャンネル「ドラマティックトーキョー」のドラマ第1弾として制作された本作は、恋にも仕事にも本音を言えなくなった看護師のトミと、彼女の前に現れる“ベランダくん”の交流を描く物語。チャンネル登録者数150万人以上のYouTuberのエミリンのドラマ初挑戦にして初主演作でもある。

 エミリンはドラマの撮影について、「ずっと緊張していました。ガチガチです」と緊張したと言い、「YouTubeならカメラマンが一人で撮影が成り立つのに、(ドラマは)なんでこんなに人がいるんだって。ドラマは同じシーンを違う角度から何度も撮る。何回も撮るのでこんなにもタイムリープするんですかってなったり。撮影では役になりきって、悲しい気持ちになったらそこから戻れなくなったりもしました」と新鮮な気持ちで挑んだという。

 高杉との初共演については「最初お会いして、『顔小さ!』って思いました。でも、撮影が始まると、すごく気を遣ってくださる、心遣いのできる優しい方だなって」と好感を持ったと言い、高杉もエミリンについて、「セリフのリズムが面白くて、それで笑わされたりしました。あんまり感じたことないリズムだなって。そこがドラマの見所の一つにもなると思います」と印象的だったとのこと。

 高杉は「最初は本読みの時に会ったんですけど、(エミリンさんは)イメージとちょっと違った。結構静かだなって。役者としては、セリフ量が膨大なのに、堂々としていて。初めてには思えなかった。僕は人見知り。エミリンさんの明るさに引っ張ってもらったところがあります」ともコメント。エミリンさんがいるおかげで、こんなに人と打ち解けられた現場はなかなかないなって思えた。アニメの話をよくして、好きなアニメが一致した時に(エミリンと)友達になれるって思いました」と話していた。

 イベントには、ドラマ主題歌を担当したHalf time Oldのボーカル・ギターの鬼頭大晴も参加した。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ