search
とじる
トップ > スポーツ > K-1 3.21決戦に向けてギラつく不可思「もっと熱くさせる!」

K-1 3.21決戦に向けてギラつく不可思「もっと熱くさせる!」

pic pic

不可思

 K-1スーパー・ライト級チャンピオン山崎秀晃とノンタイトルで対戦する不可思が口を開いた。

 2人は3月21日、東京・東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」のスーパーファイト(K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R)で対戦する。

 不可思は昨年12月、K-1東京・両国国技館大会で鈴木勇人を逆転KOで下した試合を振り返った。

 「9月のK-1大阪大会で平山迅選手に負けた理由やパフォーマンスが悪かった理由を分析して、自分の良さを出せる形をやっと見つけたので、それを試合で出すことができたかなと思います」

 「結果は勝てたんですけど、良いところも出たし、悪いところも出た試合だったかなと思います。あの試合は戦い方を変えたというか、試合映像を見てもらえれば9月と12月では動きが違っていたと思います。9月の試合は柔らかい動きができてなくて、感覚的に言うと自由にやる感じが全くなかったんです。悪い意味で動きが硬くなっちゃって、硬い動きのまま頑張ろうとしている感覚でした。結果的に自分に良いところが完全に消えたような戦い方をやってしまったので、12月の試合は柔らかさを出すように意識しました」

 「9月の負けのおかげで自分の良さをどうすれば出せるのかが分かって、12月の試合でその感覚をつかむことができたので、次の試合では自分の良いところをもっと出して、前回の悪い部分をなくしていけば勝てると思っています」。

 今回の対戦相手・山崎については「本当に破壊力のある選手で、ファイトスタイルとしても100%倒しにいくという面白い選手ですよね。お客さんから見て面白いだけじゃなくて、ファイターとしても強くて実力がある選手だと思います」と分析。

 「同じ階級の選手だし、自分が結果を出していけば、いずれやるんじゃないかなと思っていました。試合が決まった以上、思いっきりぶっ倒しにいくだけですけど、熱い試合になることは間違いないと思います」とした。

 今回はノンタイトルマッチになったが、「そんな感じでうまくいったらいいなと思いますが、そう考えながらやるのはよくないと思うので。タイトルが懸かっていても懸かっていなくても、山崎選手をぶっ倒す。それだけですね。ここで俺が山崎選手を倒して、K-1もファンももっと熱くさせます」と最後に熱い試合を約束した。

 K-1参戦以来、苦戦が続いていたが前回のKO勝ちから波に乗っていけるのか。注目の一戦になる。
 不可思のギラつきが戻ってくればK-1でもチャンピオンになれるはずだ。

(どら増田 / 写真(C)K-1)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ