search
とじる
トップ > レジャー > 「帰って来たクラージュゲリエ」日経新春杯  藤川京子の今日この頃

「帰って来たクラージュゲリエ」日経新春杯  藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 私の一口愛馬のクラージュゲリエは、怪我で長期休養を強いられてしまい、昨年の暮れに叩き1戦して前走のアンドロメダSでは、中団からの競馬で前を差し切って勝ったと思ったのですが、後方待機の馬にゴール前で差されてしまい無念の2着でした。相手の方が斤量が軽かったので仕方ありませんが、強かった頃のクラージュゲリエの走りでしたし、今回は、後ろから来たアドマイヤビルゴも斤量が56kgになって同斤量になるので、後ろから来ても今度は差されないと思います。

 しかし、強敵は他にもいますが、特にヴェロックスは菊花賞で3着、ダービー3着、皐月賞2着の実績があり、ポテンシャルの高さが窺えますし、ダイワキャグニーも前走は天皇賞で6着ですが、調子が上がって来ているようです。また、安定感としてはサンレイポケットも左右の回りは関係なく、器用に競馬をするのでもの凄く怖い存在です。

 穴はレイホーロマンスで、前々走アンドロメダSはアドマイヤビルゴ、クラージュゲリエに次いで3着で、今回も斤量が51kgです。この馬は、昨年は万葉S4着から愛知杯に行って3着だったのですが、今回は前走万葉S2着からこっちに来たのでローテーションとしては良いパターンでの出走です。苦労している馬ですが、ここまでのし上がってきましたので、侮れない存在だと思います。

 何れにしても、クラージュゲリエがここで好成績ならGIに再挑戦出来る土台になるので、ここは試練となりますが、何とか乗り越えてほしい大切な1戦になります。

 堅く収まりそうな気もしますが、少し嫌な予感もしますので念の為、保険をかけた馬券も買っておきます。
 
ワイドBOX 11、9、4
ワイドBOX 1、10、13
複勝   7、8

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ