search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション【1/16中山・1/16中京】

ハッシーの中央競馬新馬セレクション【1/16中山・1/16中京】

【今週デビューの注目馬】

☆ホウオウラフィット
 2021年1月16日(土)中山第6R芝1600m戦に出走予定のホウオウラフィット。馬名の由来は「冠名+人名より」。牝、青鹿毛、2018年1月25日生。美浦・池上昌和厩舎。父ディープインパクト、母プリティカリーナ、母父Seeking the Gold。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は小笹芳央氏。2019年セレクトセール1歳市場において1億9440万円で落札された。全兄には芝で4勝を挙げたアンタラジーがおり、半姉には芝で3勝を挙げたアグレアーブル(父マンハッタンカフェ)や、半兄には芝で4勝を挙げているエクレアスパークル(父ハーツクライ)など活躍馬がズラリ。本馬はスッと真っ直ぐに伸びた四肢の持ち主で、均等に体重が乗っているため非常にバランスの良い立ち姿。関節が柔らかく体幹がしっかりとしており、バネがあり如何にも切れがありそうな走りをしている。距離は2000m前後を得意としそうで、兄姉に負けない活躍が期待できそうだ。なお、鞍上は津村明秀騎手。

☆プルミエロール
 2021年1月16日(土)中京第6R芝2000m戦に出走予定のプルミエロール。馬名の由来は「主役(仏)。競馬の主役を担って欲しい。父名、母名より連想」。牡、青鹿毛、2018年2月18日生。栗東・寺島良厩舎。父スクリーンヒーロー、母センシュアルドレス、母父アグネスタキオン。生産は千歳市・社台ファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額3000万円。半兄には芝で3勝を挙げたスクエアフォールド(父シンボリクリスエス)がいる。本馬は雄大な馬体の持ち主だが重苦しさはなく、跳びが大きくバネのあるバランスの良い走りをしており、長く良い脚を武器に活躍してくれるだろう。胸前が深く心肺機能は高そうで、距離は2000m以上を得意としそうだ。なお、鞍上は幸英明騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ