search
とじる
トップ > レジャー > 恋愛経験が豊富と語る男ほど実際はモテない理由

恋愛経験が豊富と語る男ほど実際はモテない理由

pic pic

画像はイメージです

 異性との出会いの場で、過去の恋愛について語り出す男性がいます。彼らは自分がいかに女性を幸せにできるのかや、どんなに素敵なエスコートをしてあげられるのかを伝えようとしますが、それはまったく女性の心には響きません。

 恋愛経験の豊富さを語ってメリットになるのは、その経験を恋愛ハックとして文章などで伝えようとする時のみなのです。

 では、恋愛経験について男性が語れば語るほどモテなくなる理由とは、なんなのでしょうか。

 第一に、恋愛経験を数で語る男性は、遊び人認定されやすいことがあります。
 これは特に恋愛経験が豊富でない女性たちを遠ざけてしまいます。恋愛の数が多いということは、すなわち1人の人との交際期間が短いということに他なりません。

 女性の中には、恋愛経験が年齢に対して多すぎる男性を見ると、「浮気性なんじゃないか」「セフレもたくさんいるんじゃないか」などと疑ってしまう人もいます。

 結果として、付き合っても大事にしてもらえなさそうと感じて、離れていってしまうのです。

 ​>>「スマホ画面の汚れている女子」に男がキュンとする理由<<​​​

 もう1つの理由に、モテることを自慢している態度が鼻につくことが挙げられます。
 多くの女性は、男性から上から目線で物を言われたり、自慢話を聞かされたりすることに嫌悪感を抱きます。できることなら、あまり関わり合いになりたくないタイプとして認定されてしまうことだってあります。

 本人は自慢をしているつもりがなくても、「自分はこんなにも多くの女性と付き合えるくらい引く手あまたなのだ」というメッセージとして受け取られる可能性は排除できません。

 自分の本心と言葉が伝えるイメージのギャップは意外と大きいので、注意が必要です。

 元恋人だけでなく、過去にしがみつく男性はあまり人気がありません。過去の栄光にいつまでもすがらないで、未来を語れる男性の方が女性にとって魅力的に映るのです。

文/恋愛ライター・大山奏

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ