search
とじる
トップ > 芸能ニュース > アンジャ児嶋、コンビ再開には「半端な気持ちでできるものではない」コロナと渡部で“大変だった”1年を振り返る

アンジャ児嶋、コンビ再開には「半端な気持ちでできるものではない」コロナと渡部で“大変だった”1年を振り返る

pic pic

アンジャッシュ・児嶋一哉⒞「TikTok #クリぼっち発表会」

 アンジャッシュ児嶋一哉が14日、「TikTok #クリぼっち発表会」に出席し、相方の渡部建に関する質問に答えた。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 ショートムービープラットフォームTikTokは、クリスマスを一人で過ごす「クリぼっち」を対象に「TikTokサンタ隊」を結成。人気クリエイターの伊吹とよへ、内山、修一朗、神堂きょうかと児嶋がサプライズ体験をプレゼントする。

 「僕も応援されたい部分はあるけど、そんな俺だからみんなを応援できるかな」と話した児嶋。最近始めたTikTokを「もっと大変かなと思ってたけど、何もしなくても勝手に面白くなる夢のようなアイテム。こういう人が横にいてほしいです」と絶賛。若手クリエイターから「メリークリスマス、大島さん!」と特製のクリスマスケーキをプレゼントされ、「児嶋だよ!」の定番ネタで盛り上げた。1カ月でフォロワー10万人の目標達成に向けて、日記代わりのVlogやドッキリ、デュエット動画を提案され、「全部やってみたい」と意気込んだ。

 2020年を振り返って「大変な1年だったよ。コロナで仕事が止まったり、渡部の第2波、第3波もあって、コロナと渡部で大変でした」と渡部の騒動にも言及。「あっちゃいけないことだけど、そういうことがあって、本当に周囲に支えられてるんだなと。(明石家)さんまさん、ヒロミさん、サンドウィッチマンたちが声をかけてくれて、愛情があるな、助けられてるなって思いました」としみじみと語った。

 俳優として飛躍した2020年を漢字1文字で表わすと「半。『半沢直樹』もあったし、今はアンジャッシュが半分になっちゃったので」とコメント。コンビでの活動再開については「本当に分からないです。あいつ(渡部)もどうするか固まってないと思うし、仮に僕らが『やります』と言っても、お仕事をいただかなければできない。『ネタをやれば?』と言われるが、半端な気持ちでできるものではないので」と否定的だった。

 12月3日の会見後、渡部とは「話していない」そうで、「(渡部に)クリスマスプレゼントをあげてる場合じゃないんですよ。とにかく反省して『あいつも変わった』とみんなに思われる人間になってほしいですね」と要望した。2021年は「平穏な1年にしたいです。平穏DEATH!」と『半沢直樹』のアドリブで笑いを誘った。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ