search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 坂上忍、“伊藤健太郎を擁護”と批判され「だったらもっと言ってやる」 野々村真は「過去いろいろあった」

坂上忍、“伊藤健太郎を擁護”と批判され「だったらもっと言ってやる」 野々村真は「過去いろいろあった」

pic pic

坂上忍

 9日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)での、出演者たちの発言が批判を集めている。
 この日、番組では先月29日に道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎について再び特集。逮捕後、酒癖が悪い、遅刻を繰り返していた、素行が悪いといった悪評報道が出たものの、所属事務所は「事実無根」として、弁護士と対処していくことを明らかにしている。

 >>ノンスタ井上、伊藤健太郎に「代わってあげたい」で物議 生放送出演で「仮病を使って休もうと思った」<<

 この報道に関し、MCの坂上忍は「今回、ひき逃げなわけでしょ。それに関しては何言われたって仕方がないと思う」としつつ、「テレビでは、これ以上は何か動きがない限りは扱いませんよって、ある程度の期間ってあるわけじゃん。でも、その後も延々こういうの出てるらしいのよ!」と指摘。また、話を振られた出演者でモデルのアンミカは、「これは、人の傷口に塩を塗り込みまくる、それで人の興味を引いて、ずっと伊藤さんに注目を集めるっていうような、何か意図的で気分があまりよくない」と苦言を呈し、タレントの野々村真も「とっても悪意がありますよね。われわれもお酒飲んでそういうことはあったりしましたけど……」とアンミカに同調していた。

 そんな中、坂上は、先月30日放送回でこの伊藤の悪評報道を取り上げた際、「天狗になって致し方ない時期もありますね」と若手俳優の素行の悪さを理解するようなコメントを出したところ、一部視聴者から「ああいう擁護はいかがなものか」といった批判が集まったことを告白。これに対し、「だったらもっと言ってやるけど、俺より酒癖悪いの野々村真だからね!」と唐突に野々村をイジり始める場面が。この発言に野々村は「だから、過去いろいろあったけど、自分たちで反省して立ち直れるようにならなきゃいけないから、それが大事だって忍が言ってるんでしょ!」と反論していた。

 この放送に視聴者からは、「また内輪だけのイジリやってる」「飲酒運転で逮捕されたのによく酒癖で人のことイジれるな」「視聴者に批判されて反論するのになんで関係ない人を巻き込むんだろう」という声が集まっていた。

 それぞれが真面目にコメントを出している中での唐突なイジリに、うんざりしている視聴者も多かったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ