search
とじる
トップ > レジャー > 「いつも通りに走らせるのが難しい」菊花賞   藤川京子の今日この頃

「いつも通りに走らせるのが難しい」菊花賞   藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 近年の傾向を見ると、中団で前を窺う馬達が馬券に絡んでいるので、コントレイルが前走と同じように走れれば三冠が濃厚になりますが、このいつも通りに走らせるというのが難しいです。しかも、無敗の三冠となると、馬より騎手の方がプレッシャーが掛かります。この1戦だけ取れればという気持ちになる筈なので、周りからプレッシャーが凄い事になっていると思いますが、ダービーを勝ってから何かが変わった福永騎手なら、何とかしてくれるかもしれません。

 コントレイルは強い馬です。強いから3000mが難問になると思うのです。父で無敗の三冠馬のディープインパクトのように、いつものコーナーから加速してしまう、強くて頭が良いから起こるアクシデントが予想されます。コントレイルも同じようになる可能性が高いと思いますが、このアクシデントを修正出来るかは、馬の位置取りやその周り状況によって左右されると思います。

 他の騎手も無敗の三冠を邪魔したと言われたくないので、気を使うと思いますが、わざわざ負ける競馬をするとは思えません。逆に言うと、三冠を阻止した騎手としては競馬関係者には評価が上がるので、騎乗依頼も多くなる筈です。競馬ファンには申し訳ないかもしれませんが、騎手は遊びで走っているわけではないので、菊花賞だから勝ちにくると思います。

 ガロアクリークにとっては、コントレイルは天敵です。2000m、2400mと打ち負かされていますが、右回りの3000mなら何処かにチャンスがあるかもしれないと鞍上は考えている筈。どうすればコントレイルに勝てるかは答えは出ないと思うので、チャンスを待つしか無い状態ですが、アクシデントがあった時に末脚を使えるように様子を窺っていると思います。それはマンオブスピリットとディープボンドにも同じ事が言えます。左回りでは駄目でも、右回りの長距離ならまだ分かりません。ジッと堪えてチャンスを窺い、最後の末脚で、勝負する構えで幸運を待っています。

 もっと凄いアクシデントは、まさかの前残りでバビット。いつものように前で競馬をして我が道を進む筈ですが、そのペースはいつも遅くなります。そうなると、今回のレースは遅くなる事が想定されますので、牽制し合っている中団組が我慢出来ずにスピード上げようとして鞍上に制止されると、無駄なスタミナを使って最後まで持たない馬が出て来ると思います。菊花賞はペースが遅くなると荒れる事があり、いつもの展開と違い、前残りと後方待機が馬券に絡んでくるのです。

 そうなると、いつものように諦め半分で普通に走っていたら、有力馬が脱落して馬券に入ってしまったなんて事がありそうな予感がします。三冠も大切ですが馬券も大切です。世間の期待とは裏腹に、馬券は逆を突いてみようと思います。ちなみにディアマンミノルが、京都では馬券から外れた事がありません。

ワイドBOX 3、2、6
ワイドBOX 4、8、9
ワイドBOX 3、11、1

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ