search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 芸能活動再開の小出恵介、そもそもどんな俳優だった?

芸能活動再開の小出恵介、そもそもどんな俳優だった?

pic pic

小出恵介の公式インスタグラムより https://www.instagram.com/kaykoide/

 俳優の小出恵介が約3年7か月ぶりに日本映画へ復帰する。15日に開幕する「京都国際映画祭」の特別招待作品『女優たち』に出演することがわかった。小出と言えば、先月発売の『婦人公論』(中央公論新社)でインタビューにも答え、話題となっていた。

 >>「私だったら辞める」遠野なぎこ、小出恵介復帰に苦言「それでも芸能界って辞められないんだな」<<

 今回の芸能活動復帰に、ネット上で「頑張ってほしい」「どうしても批判はあるだろうけど、そこは芸能人の宿命」「ここで一区切りで、今後はひたむきに俳優活動をして欲しい」といった声が自身のインスタグラム等に寄せられている。芸能人の不祥事に厳しいネットにしては、優しい声が聞かれた。

 小出は2017年6月に、17歳の女性との飲酒と不適切な関係が『フライデー』(講談社)に報じられ、芸能活動を休止していた。ただ、相手の女性が小出との関係をSNSに投稿していたほか、小出に対し相手側から金銭の要求があったとも言われるため、小出側に同情する声が多いのも事実だった。

 約4年の空白で忘れている人も多いが、そもそも小出はどういう俳優だったのか。
 「小出は、慶應義塾大学卒業のインテリで、騒動の前はJA共済のイメージキャラクターに採用されるなど、さわやかなイメージがウリでした。コンスタントに映画、ドラマに出演していたほか、2008年には故・蜷川幸雄氏の演出による舞台『から騒ぎ』に初主演を果たしています。単なるイケメンではない、演技力も伴う俳優として知られていました。年齢を増すごとに、渋みが出てくる俳優とも言えるでしょうから、今後の活躍にも期待したいところですね。さらに謹慎中は、アメリカのニューヨークの演劇学校に通い、キングコングの西野亮廣原作の絵本『えんとつ町のプペル』の舞台にも主演が決定しました。英語も堪能なため、海外での活躍も期待できるでしょう」(芸能ライター)

 今回、小出に声を掛けたのは、鬼才映画プロデューサーとして知られる奥山和由氏であった。やはり、小出の才能に注目している人は多いのだろう。その分、小出には期待を裏切らない活躍を見せてもらいたいものだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ