search
とじる
トップ > 社会 > 「代行の料金がもったいなかった」飲酒運転で自損事故の富山県警巡査が懲戒免職処分

「代行の料金がもったいなかった」飲酒運転で自損事故の富山県警巡査が懲戒免職処分

pic pic

画像はイメージです

 富山県高岡市で、通信指令課の巡査(25)が飲酒運転をしたとして、道路交通法違反の容疑で逮捕され、懲戒免職処分を受けたことが判明。その行動に怒りの声が上がっている。
 事件が発生したのは8月12日午前2時過ぎ。高岡市の路上で富山県警本部通信指令課に勤務する巡査(25)が酒を飲んだ状態で運転し、赤信号を無視して自損事故を起こす。パトロール中の警察官がその様子を発見すると、巡査は車で逃走。しかし、田んぼに入り脱輪して動けなくなってしまう。

 ​​>>35歳僧侶、酒を飲み追突事故を起こして逮捕 「ハイボールを5杯程度飲んだ」と話す<<​​​​​​

 駆けつけた警察官が事情を聞くと、巡査は酒を飲んでいたことを明かす。検査では基準値を超えるアルコールが検出され、道路交通法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕された。取り調べに対し、巡査は8月11日午後6時半から飲食店でビールや焼酎を十数杯飲み、帰宅するため運転したことを明かす。動機については「代行の料金がもったいなかった。ご迷惑をお掛けして申し訳ない」と話したという。

 富山県警は10日、この巡査を懲戒免職処分としたと発表。そして、首席監察官が「官民を挙げて飲酒運転の撲滅に取り組む中、現職の警察官が酒気帯び運転をし、県民の皆さんに深くお詫び申し上げる」とコメントした。

 この事件に、「代行に使う金を惜しんでまで酒が飲みたい。こんな思想を持っている人間は警察官に向いていない」「代行費をケチって職を失う。今後、この事実はずっとついて回るし、人生を棒に振ったと言ってもいい」「捕まえる側がこれでは話にならない。真面目に働く警察官に失礼だ」と怒りの声が上がる。
 また、富山県民からは「富山県の警察は本当に質が低いと感じている」「冤罪だった氷見事件の反省を活かせてない。こんなことではいつまで経っても信頼回復できない」という指摘が出ることになった。

 警察の信頼を損なう事件。同情の余地はまったくない。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ