search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 過去には交際女性へのDV報道も 伊勢谷友介容疑者、続々と浮上する“裏の顔”

過去には交際女性へのDV報道も 伊勢谷友介容疑者、続々と浮上する“裏の顔”

pic pic

伊勢谷友介

 8日に俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻を所持していたとして警視庁に逮捕された事件で、自宅の机の上から吸引具とみられる巻紙がおよそ500枚見つかっていたことを、9日放送のテレビ各局のニュース番組が報じた。
 伊勢谷容疑者は8日午後、東京都目黒区の自宅で乾燥大麻7.8gを所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されていた。

 ​>>伊勢谷友介の大麻逮捕、3月に予言されていた?「また東スポが当てた!」的中率にネット騒然<<​​​

 警視庁は自宅から、4つの袋に小分けされた乾燥大麻約20.3g(約40回分)を押収している。
報道によると、大麻が見つかった引き出しのある机の上から、大麻を巻くための巻紙約500枚が見つかっていたという。
 「以前から、自然環境の問題にも高い関心を示していた伊勢谷容疑者だが、その中で行き着いたところが大麻の吸引。タバコを吸う感覚で大麻を吸引していたようだが、押収量からしてかなりの常習性があったようだ」(全国紙社会部記者)

 一部スポーツ紙によると、伊勢谷容疑者に昼と夜で異なる2つの顔があったのだとか。
 昼は社会活動に打ち込む実業家だが、夜の顔はセックスフレンドも絶えない“ドS過激プレー”にふける側面があったそうで、交際女性をエアガンで撃ちまくるなど、DV疑惑が報じられたこともあった。
「一部で報じられたDV疑惑だが、ある元交際女性は親が伊勢谷容疑者のDVに激怒。別れた際に慰謝料を請求し、伊勢谷容疑者が支払ったという。昼は“善人”を装っているストレスを、大麻吸引や夜のプレーで発散していたのだろう」(芸能記者)

 一部情報番組では、伊勢谷容疑者が「お母さん」と呼ぶ女性の飲食店経営者、さらには伊勢谷容疑者のことを「息子」を呼ぶ飲食店の男性常連客が伊勢谷容疑者の逮捕について、「信じられない」、「残念」などとコメントしていたが、“裏の顔”を知らない多くの人はすっかりダマされてしまったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ