search
とじる
トップ > 芸能ニュース > フワちゃんの下ネタに“意外な線引き”? 計算尽くのキャラとピン時代のコントに称賛の声

フワちゃんの下ネタに“意外な線引き”? 計算尽くのキャラとピン時代のコントに称賛の声

pic pic

フワちゃん

 8月26日深夜にテレビ朝日で放送されたテレビ朝日系のバラエティ番組『ひかくてきファンです!』にフワちゃんが出演し、その知られざる過去がネットで話題になっている。

 >>YouTuberから芸人への転身成し遂げたフワちゃん、実力十分も心配の声も<<

 『ひかくてきファンです!』で今田耕司とともにMCを務める指原莉乃は、2年前にYouTubeを見てフワちゃんを知り交流を持ち、彼女をきっかけにメディアに出始めた、フワちゃんにとっては「育ての親」とも言うべき存在であるため、指原との共演には放送前から注目が集まっていた。

 番組では、フワちゃんが「SF世紀宇宙の子」としてお笑いコンビを組んでいた頃からのファンであるという一般人3名をスタジオに呼び、知られざるフワちゃんの裏話を披露。

 スタジオでは、コンビを解散しピン芸人時代のシュールなネタの披露のほか、YouTubeデビュー初期の渋谷で落ちていたポテトを食べるなど衝撃シーンなどが放送され、現在のタレント・フワちゃんになるまでのストーリーを30分にわたり放送した。

 ファンによると、フワちゃんはYouTubeを始める前は普通の服を着ていたが、パンツを見せる芸のためにあえて変な格好をしている。フワちゃんが話す下ネタも、「小学3年生が言って喜びそうな部分まで」で線引きするという、「かなりセルフブランディングされたキャラクター」であることを指摘。当のフワちゃんもまんざらではなく、ある程度の計算で行っていることを明かしていた。

 ネットでは、知られざるフワちゃんの魅力が伝わった番組と絶賛の声が相次ぎ、特にテレビ初公開となったピン芸人時代のネタは、フワちゃん演じる「消臭剤の匂いが好きな女性が色んなものに消臭剤を振りかけ、最後はおばあちゃんの遺影に消臭剤を振りかける」というシュールなサイレントコントだったため、ネットでは「ピン芸人時代もおもしろいじゃん」「テレビ出始めの頃、妙にこなれてたのはちゃんと芸があるからなんだ」「シュールだけど確かに面白い」という声が相次いだ。

 現にフワちゃんは、大学在学中にワタナベコメディスクールに所属して優秀な成績を収め、ワタナベエンターテインメントに所属。素行不良で解雇となったものの芸人としての素質はあったようだ。

 フワちゃんと言えば、最近では『24時間テレビ』(日本テレビ系)での失禁事件で話題を振りまいた一方、新感覚のタレントとして2020年7月度のギャラクシー賞月間賞を受賞するなど、その活躍は目覚ましく、やはり「芸人時代の下地」があってこそだったかもしれない。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ