search
とじる
トップ > 社会 > 88歳無職の女、スーパーマーケットで財布を盗み逮捕 同区内で類似事件が多発

88歳無職の女、スーパーマーケットで財布を盗み逮捕 同区内で類似事件が多発

pic pic

画像はイメージです

 神奈川県横浜市青葉区のスーパーマーケットで財布を盗んだとして、88歳無職の女が逮捕されたことに驚きが広がっている。

 女は19日午後3時30分頃、青葉区のスーパーマーケット内で、59歳女性のバッグから1万6000円の入った財布を抜き取り、窃盗の疑いで現行犯逮捕された。同区のスーパーマーケットでは、カートにバッグを置いた状態で買い物をする女性が財布を抜き取られる事件が多発しており、私服警察官が警戒にあたっていた。警察では、同区で発生している他の事件についても、この女の犯行が高いと見て捜査を進めている。

 ​>>スーパーで半額シールを付け替え、差額を懐に 67歳女の行動にドン引き【中高年の仰天事件簿】<<​​​

 90歳近い女性がスリをしていたという事実に、「信じられない。常習犯だと思うので、しっかり罰してほしい」「残り少ない人生、晩節を汚すとはまさにこのこと」「刑務所に入れ」と驚きや怒りの声が上がる。

 また、「この年でスリは手慣れていないとできない。前科もあったのではないか」「これで何度目の逮捕なのか。許しがたい」「絶対昔からやってたでしょ」と常習性を懸念する声や、「高齢者だから、収監されないかも」「刑務所には行かない可能性もある。そうなると抑止にならない」という指摘もあった。
 「高齢者によるスリ事件」は他にもある。2017年5月には、滋賀県近江八幡市の量販店で当時88歳の女が、81歳の女性客に話しかけ、隙を見て今回と同じようにカートに下げていたカバンから財布を盗み、窃盗の疑いで逮捕された。このケースでも、付近で同じ手口によるスリ事件が相次いでおり、逮捕された女は「今回が初めてではない」と話していた。

 高齢女性に油断してしまう人も多いが、スリなど犯罪を企てる人間が存在する。決して油断しないようにしてもらいたい。特にスーパーでのカバンの管理は十分に気をつけてもらいたい。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ