search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ​「もう日本1のYouTuberじゃない」はじめしゃちょーが複雑な心境吐露も、疑問の声集まる

​「もう日本1のYouTuberじゃない」はじめしゃちょーが複雑な心境吐露も、疑問の声集まる

pic pic

はじめしゃちょー

 人気ユーチューバーのはじめしゃちょーが、チャンネル登録者数が日本1位でなくなったことを報告した。

 はじめしゃちょーは15日に「ぼくはもう日本1のYouTuberじゃないです。」という動画をアップ。冒頭で泣き真似をしながら語り始め、「これまで長い期間、チャンネル登録者数日本1位という名前でこれまでユーチューブ界で活動してきたわけなんですけど」と言いつつ、「私、日本一のユーチューバーではありませんでした」と告白した。実は、今月12日に子ども向けチャンネル「キッズライン」がチャンネル登録者数が1000万人を突破したことを報告。チャンネルが伸びるに従い、一部ユーチューバーファンの間で浮上したいわれのない登録者購入疑惑により、キッズラインは登録者を非公開にしていたものの、キッズラインによると19年8月には1000万人を超えていたといい、現在登録者数約887万人のはじめしゃちょーを1年以上前から抜いていたこととなる。

 ​>>人気ユーチューバー、マスク無しのコラボ動画に「外出自粛してない」と炎上 ヒカルも反論で物議に<<​​​

 これに、はじめしゃちょーは「複雑ですね」と吐露しつつ、「はじめしゃちょー、日本一終了です」と苦笑い。「全然いいんですけど、ずっと日本一だなと思ったんですけども、全然日本一じゃなかったっていう不思議な気持ち、伝わりますでしょうか」「悔しいとかそういう感情が起きるわけでなく、驚きの感情の方が大きいですね」と言い、これまで背負っていた“日本一”から解放されるため、「気は楽になった」と明かしつつも、「恥ずかしい!」と叫んでいた。

 この動画に対し、ファンからは「でも名実ともに日本を代表するユーチューバーであることは変わりないと思う!」「日本でいちばん知名度高いのははじめしゃちょーとヒカキン(注・現在約863万人)だよ」「日本一じゃなくてもはじめしゃちょーが面白いのは変わらない」といったエールが寄せられているものの、一方では「この動画でキッズラインへのヘイトがさらに大きくなりそう」「はじめしゃちょーは悪くないと思うけど、実際これで誹謗中傷する人いそう」という懸念も寄せられている。

 ほかのユーチューバーと比べ、知名度がないことから「登録者数購入疑惑」「水増し疑惑」などが上がっていたキッズラインだが、ユーチューブ側から登録者数1000万人超えを記念したダイヤモンドの盾が贈呈されていることもあり、登録者数が正しいのは確か。しかし、現在も一部ネットユーザーが暴走し、キッズラインの盾贈呈報告の動画には多くの低評価が付けられている。今回のはじめしゃちょーの動画は、ファンの暴走をさらに助長するものとなってしまったのだろうか――。

記事内の引用について
はじめしゃちょー公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCgMPP6RRjktV7krOfyUewqw

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ